役者

広瀬すずを好きになる映画3選「広瀬すずが嫌いなら見て欲しい」

2020年9月9日

広瀬すず_ドラマ_映画

わたし、実は、昔は広瀬すずがあまり好きではなく、若くて顔が可愛いから重宝されているだけでしょなんて失礼なこと思ってました。

ですが、広瀬すずが出演している作品を見ているうちに好きになり、今では大好きになった。メキメキと演技力ついてきてて、もともとポテンシャル高かったんだろうな。

そこで今回は、私が広瀬すずを好きになったきっかけとなった映画を3つご紹介したいと思います。広瀬すずの魅力が分からないという方にぜひ見て欲しいです。

広瀬すずを好きになる映画3選

私が、広瀬すずを好きになるきっかけとなった映画はこの3つです!

・怒り
・チア☆ダン
・SUNNY 強い気持ち・強い愛

この3つは、広瀬すずの魅力がギュッと詰まっていて、映画としても面白いおすすめの映画です。

怒り

まずは、2016年公開の『怒り』

東京郊外で起こった夫婦殺人事件の全国に指名手配中の犯人を探るサスペンス映画。広瀬すずは主役ではないのだけど、2人の男に強姦されてしまうという役で、身体張った演技が衝撃だった。あの胸糞悪い強姦シーンは演技でもトラウマになると思う。

>>>映画『怒り』の感想とあらすじはこちら

チア☆ダン

次に、2017年公開の『チア☆ダン』

福井県にある高校でチアリーダー部に入部した女子高校生たちが、アメリカの大会に出て世界制覇を目指す青春物語。広瀬すず主演。普通の女子高校生のナチュラルな演技がよかった。ラストのダンスシーンは何度も見たくなるくらい感動した。

>>>映画『チアダン』の感想とあらすじはこちら

SUNNY 強い気持ち・強い愛

そして、2018年公開の『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

空前のコギャルブームを巻き起こした90年代の女子高校生の仲良しグループの話。広瀬すずが90年代の女子高校生役。白目剥いた変顔とか、下手過ぎるダンスとか、ダサ可愛いキャラ演技が面白かった。

>>>映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の感想とあらすじはこちら

番外編:ドラマ

2018年放送のドラマ「anone」、ドラマですがこちらも広瀬すずが素晴らしかった作品なのでついでにどうぞ。

偶然にも出会ってしまった男女たちが、偽札作りに巻き込まれていく物語で、広瀬すずは孤独な過去を持つボーイッシュな日雇いアルバイターの役。実力派俳優に囲まれてたけど違和感なかった。

>>> ドラマ『anone』の感想とあらすじはこちら

まとめ

映画「怒り」の頃から、どんどん演技が洗練されていったイメージですね。これからの作品も楽しみ。いい作品あったら追加しますね。

-役者
-