映画『チア☆ダン』感想とあらすじ「ラストのダンスに大感動!」

チアダン映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2017年3月11日
監督:河合勇人
脚本:林民夫
主題歌:大原櫻子「ひらり」
キャスト:広瀬すず・中条あやみ・山崎紘菜・富田望生・福原遥・柳ゆり菜・天海祐希・新田真剣佑・伊藤健太郎

あらすじ

福井県立福井中央高校に入学したひかり(広瀬すず)は、中学の同級生でサッカー部の憧れの孝介(新田真剣佑)を応援したいという理由でリアリーダー部に入部します。

軽い気持ちで入部したひかりは、想像以上に厳しい練習に嫌気がさし退部を考えますが、部長の彩乃(中条あやみ)に一度みんなで踊ってみようと言われ、みんなで練習していくうちにひかりはチアダンスに夢中になっていきます。

チアダンスの楽しさを覚えたひかりは、みんなでアメリカに行って世界制覇をしたいという夢を抱くようになり、さらに練習に励みます。新入生も入ってきてメンバーも増え、ひかりはチームを引っ張っていく存在になりメンバーと共に全国制覇を目指します。

感想・評価

総合点★★★★☆ストーリー★★★★★
キャスト★★★★☆演技★★★★☆
胸キュン☆☆☆☆☆笑い★★★☆☆
音楽★★★★☆感動★★★★☆

■キラキラした青春映画

キラキラした青春映画ですが、実話というところに驚き。こんな絵に描いたような青春が実際にあるなんて。そしてこんな素敵過ぎる青春送ってみたかったというのが素直な感想。生まれ変わったらチアリーダー部に入りたいと思わせてくれるくらい素晴らしい青春ストーリーでした。

■ひかり(広瀬すず)のキャラが好き

ひかり(広瀬すず)の明るくて素直で嫌味のないキャラクターに好感が持てる。早乙女先生(天海祐希)に「あなたがいると仲良しクラブになるから帰って!」「レベルの低い人はいらない!」などと理不尽に罵声を受けるんだけど、私なら拗ねて二度と部活に顔出さない。その点、ひかりは練習を続けて見事に復帰を果たして先生にも認めてもらった。自分の娘にもこんな風に真っ直ぐに育ってほしい。

ちなみに、広瀬すずの父親役がTKO木下でほのぼのした感じがよかったのですが、娘の練習を見守る姿が変質者に見えて怖かった。

■中条あやみが異次元

中条あやみのスタイルが良すぎて1人だけ別の世界の女の子みたいだった。顔が他の子の半分くらいしかない。広瀬すずももちろん可愛いんだけど、中条あやみのスタイルと顔が完璧すぎて、広瀬すずが普通に見えた。

■ラストのダンスを見るための映画

ラストまでダンスシーンを引っ張るところは映画「フラガール」と一緒。でも、ラストのダンスシーンには大感動です。最初は批判的だった審査員たちと会場の空気がどんどん変わっていくのは快感だったし、ダンスにも迫力あってよかった。女優さん達めちゃくちゃ練習したんだろうなあ。ラストのダンスを見るためだけの映画と言っても過言ではない。でも、途中で衣装チェンジした時に脱ぎ捨てた衣装はどこ行ったんだろ。

というわけで、チア☆ダンは、ラストのダンスに大感動するキラキラした青春映画です。

タイトルとURLをコピーしました