映画の感想

映画『岳 -ガク-』感想とあらすじ「雪山の映像は見る価値あり」

2020年8月12日

岳

概要・キャスト

公開日:2011年5月7日
原作:石塚真一「岳 みんなの山」
監督:片山修
主題歌:コブクロ「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」
キャスト:小栗旬・長澤まさみ・佐々木蔵之介・市毛良枝・渡部篤郎

あらすじ

北アルプスの山岳遭難救助隊に配属された新人救助隊員の久美(長澤まさみ)は、早く一人前になろうと訓練を頑張っていますが、思うようにいきません。

そして久美は、山岳遭難救助ボランティアの救助隊員で「山のプロ」と呼ばれる三歩(小栗旬)に指導と訓練を受け、過酷な遭難救助を体験しながら、山岳救助で大事なことを学んでいきます。

感想

■ 雪山の映像がすごい

北アルプスの雪山の映像がヤバイくらい綺麗だった。真っ白な雪山で、映像を見るだけでこの映画を見る価値があるんじゃないかってくらい素敵な映像だった。壮大な雪山の映像みるだけで、心が開放的になります。

■ ゾクっとした凍結シーン

雪崩に遭ったのに生還したりするなどストーリーは上手くいき過ぎだなと思う反面、山岳遭難救助隊の存在や活動が知れて、映画で描かれたような遭難は日常茶飯事ではないにしろあるんだろうなと思った。久美(長澤まさみ)が雪山で凍結した状態で見つかったときはゾクッとした。

■ おばたのお兄さん

三歩(小栗旬)のキャラがポジティブで見ていると元気出た。ただ、小栗旬のイメージとはかけ離れていて、ずっと、おばたのお兄さんに見えていた。おばたのお兄さんの影響すごい。

■ 長澤まさみすっぴん?

久美(長澤まさみ)は自分勝手な行動が多くてちょっとイライラして鬱陶しかった。そして、長澤まさみがほぼすっぴん状態ぽかったけど可愛かったな。

というわけで、映画「岳 -ガク-」は、壮大な雪山の映像を見るだけで価値ある映画でした。

-映画の感想
-