映画の感想

映画『ママレード・ボーイ』感想とあらすじ「漫画は面白いんだけど」

2021年3月19日

ママレードボーイ

概要・キャスト

公開日:2018年4月27日
原作:吉住渉『ママレード・ボーイ』
監督:廣木隆一
主題歌:GReeeeN「恋」
キャスト:桜井日奈子・吉沢亮・佐藤大樹・筒井道隆・谷原章介・檀れい・中山美穂

あらすじ

光希(桜井日奈子)は、ある日突然、両親から離婚すると告げられます。それならまだしも、離婚して別の夫婦とパートナーを交換して再婚、そして相手夫婦の息子も含めて6人で同居をすると言い始めます。

光希は猛反対しますが、力が及ばず同居が始まります。納得のいかない光希でしたが、相手夫婦の息子であり同級生の遊(吉沢亮)の存在により、少しずつ打ち解けていきます。そして直ぐに2人は惹かれ合い、両親には秘密の恋が始まります。

感想

■ 漫画とは別物

原作の漫画のママレードボーイの大ファン目線での感想です。

大好きな漫画の映画ということで期待していたのですが残念。漫画とは別物でした。やはり、全8巻ある内容の濃い漫画を2時間でまとめるのは無理なのかな。

漫画の名シーンをピックアップして繋げたような感じで、話がブツンブツンと切れている。漫画見てない人は意味が分からないんじゃないかなと思った。

光希(桜井日奈子)が遊(吉沢亮)を好きになった経緯も省かれていて、お互いに告白したシーンは「いつ?いつ好きになった?あんなに嫌ってたのに!」と見る側を置いてきぼり。

■ 光希が光希じゃない

キャラクターも漫画とは違う。特にヒロインの光希(桜井日奈子)。漫画の光希は明るい性格と笑顔が魅力なのに、映画ではずっとブスッとしていて愛想がない。顔の可愛い女優を使っているのに勿体無い。茗子も亜梨実ももっと個性的で魅力があるのに。映画を見た後に誰も印象に残らない。

そして映画全体的に暗い感じがした。主題歌をアニメと同じ♪だっけっど気にっなる♪にしてくれたら少しは雰囲気出たかも。

唯一、両親Zの4人は貫禄があってよかった。檀れいと中山美穂のコンビ美し過ぎ。

というわけで、映画「ママレード・ボーイ」は、原作の漫画がめちゃくちゃ面白い分、残念でした。

-映画の感想
-,