映画『おっぱいバレー』感想とあらすじ「綾瀬はるかの胸は見れないけど」

おっぱいバレー映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2009年4月18日
監督:羽住英一郎
主題歌:Caocao「個人授業」
キャスト:綾瀬はるか・青木崇高・仲村トオル

あらすじ


1970年代後半、国語教師の美香子(綾瀬はるか)は、北九州の戸畑第三中学校に臨時教師として赴任してきます。美香子は着任早々、男子バレーボール部の顧問となります。ですが、男子バレーボール部の部員たちにやる気はなく、練習もしていない状態でした。なんとか部員たちにやる気を出して欲しい美香子は、部員たちと「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」という約束をしてしまいます。

感想・評価

「試合に勝ったらおっぱい見せてあげる」ということだったので、映画ラストに、男子バレーボール部が試合に勝って、綾瀬はるかがポロリして終わるのかと思っていたら、なにもなく終了。ポロリはなくとも、綾瀬はるかの胸がもっとクローズアップされるのかと思っていたけど、そうでもない。でも、映画のタイトルがタイトルだけに、綾瀬はるかの胸に終始視線がいってしまった。

たぶん、この映画は男性が見ると共感できるんじゃないかな。女である私にはなんのこっちゃ分からなかった。

というか、自分の胸をかけて生徒にやる気を出させたのに、それが原因で教師をあっさりクビになるとは、やってられないですね。きっかけはどうであれ、生徒たちをやる気にさせることができたのだから大成功なのではないかな。

でも、もし自分が美香子(綾瀬はるか)なら、生徒に「おっぱい見せて」なんて言われたら引っ叩いてしまいそうだけど。次の日から晒しまいて学校に行くと思う。平気そうにしている美香子の性に対して無頓着な感じにイライラした。女子生徒からしたら注意して欲しいところ。そう考えるとやはりクビは妥当なのかな。

映画中に、何度もおっぱいおっぱいとセリフが出てくるので、家族でこういうのを見ると気まずくなる方はご注意ください。

70年代や80年代に流行った音楽が映画中に流れてて雰囲気が良かったです。

というわけで、『おっぱいバレー』の評価は、3.5点(5点満点中)です。

タイトルとURLをコピーしました