映画『ユリゴコロ』感想とあらすじ「吉高由里子がハマり役だった」

ユリゴコロ映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2017年9月23日
原作:沼田まほかる「ユリゴコロ」
監督/脚本:熊澤尚人
主題歌:Rihwa「ミチシルベ」
キャスト:吉高由里子・松山ケンイチ・佐津川愛美・松坂桃李・清野菜名・木村多江

『ユリゴコロ』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ

山奥でレストランを営む亮介(松坂桃李)は、レストランで一緒に働いている千絵(清野菜名)と付き合っていて結婚を考えていました。ですが、千絵は亮介の前から突然姿を消します。

千絵の謎の失踪に落ち込む亮介は、父親が暮らす実家で日記を見つけ読み始めます。日記は、人が死ぬことで「ユリゴコロ」を感じるという殺人鬼の半生が書かれたものでした。その日記にどんどん引き込まれていく亮介。

そんな時、亮介の前に千絵の友人の細谷という女性(木村多江)が現れます。細谷は、失踪する直前、千絵から亮介に伝言を預かっており、それを伝えに来たのでした。

そして後日、亮介は細谷から、千絵は実は騙されてヤクザと結婚していて、現在はどこかに監禁されていると伝えられます。

感想・評価

前半はホラー、後半はヒューマンストーリー。前半と後半ではまるで別の映画のようでした。

前半はとにかく怖い。心を持たない主人公の行動がサイコパス過ぎてハラハラする。打って変わって後半は愛の溢れる温かなお話でほっこり。

サイコパスはサイコパスのままで救いようがないのかなと予想していたけど、夫と子供を愛す普通の女性に生まれ変わっていて何だかホッとした。

主役の吉高由里子は、こういうミステリアスな役が似合う。ガチャガチャうるさい役より笑わない暗い役がピッタリ。吉高由里子自体が何考えているのか分からない雰囲気を持っているから、特にこういうサイコパスな役はハマっていた。

謎の女性の正体は、かなり早い段階で分かった。感の鋭い人なら、最初の時点で気づくはず。吉高由里子と木村多江って同じ系統の顔だし。

ヤクザに監禁されていることも嘘だと思っていたけど、本当だったので意外。そして、ヤクザ達の殺し方が半端なく残忍でビックリ。ヤクザを殺すシーンはなかったけど、何人ものヤクザをどうやって殺したんだろう?という疑問は残った。どうせなら木村多江の狂気の演技も見てみたかった。

暴力描写や性描写が過激なので、家族では見ないほうがいいと思う。あと、手首を切って流血するシーンが多くて長いので、リストカットシーンが苦手な方はご注意を。

というわけで、映画『ユリゴコロ』の総合点は、4点(5点満点中)です。

ユリゴコロ

こんな人におすすめ

・サイコパス映画が好き
・怖くて不気味な雰囲気の映画が好き
・吉高由里子の狂気な演技が見たい

吉高由里子の他にも、松坂桃李・松山ケンイチなど、豪華なキャストが揃った映画です。

『ユリゴコロ』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました