映画『MOTHER マザー』感想とあらすじ「胸糞悪さMAX」

mother 母親映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『MOTHER マザー』概要・キャスト

公開日:2020年7月3日
監督:大森立嗣
脚本:大森立嗣/港岳彦
キャスト:長澤まさみ・奥平大兼・夏帆・皆川猿時・仲野太賀・土村芳・木野花・阿部サダヲ

Netflixで試聴する

※ 動画配信サービスの配信状況は変わる可能性があります。

『MOTHER マザー』のあらすじ

シングルマザーの秋子(長澤まさみ)は、働かず、親や妹にお金を無心しながら生きている。借りたお金はホストやパチンコに注ぎ込み、時には家を数日間空けることもあり、料金未払いにより家の電気やガスを止められることもあった。

そのため、息子の周平(奥平大兼)は学校にも行かせてもらえず、食事も満足に取れない生活を強いられていた。

親や妹からも縁を切られ、お金は底を尽きていたが、児童相談所の協力により、まともな暮らしができるようになりかけていたが、秋子のワガママにより元の生活に戻ってしまう。

そのうち周平が働けるようになり周平の就職先で暮らし始めるが、そこでの生活も秋子の勝手な行動により台無しになる。そして遂に、周平は金銭を奪うために祖父母を殺害してしまう。

『MOTHER マザー』の感想と評価

最初から最後まで胸糞悪さMAXの映画でした。
実話が元になっているということで、こんなことが実際に起きたと思うと悲し過ぎる。

秋子に関して嫌悪感を抱かない人間はいないと思う。本当に最低な母親。言いたいことは山程あるが、あそこまでいくと精神疾患が考えられる。全ての行動がイカれている。

映画の中で母親としての顔を見せたのは、周平を抱きしめたたったの1回だった。

でも、秋子はどうしてあんな人間になってしまったのだろう。両親はしっかりしているし、妹はまともに育っている。ノンフィクションだからこれ以上は何とも言えないが。

さて、その最低な母親を演じたのが長澤まさみ。観ている側に嫌悪感を抱かせる人間を上手く演じていたが、顔立ちが綺麗過ぎるからか、長澤まさみのイメージからか、どうしても清純派のイメージが拭えなかった。安藤サクラ・満島ひかり・尾野真千子あたりだったら、リアリティがあったと思う。

阿部サダヲの演技は流石だが、こちらも良い人のイメージが強過ぎて、あまりハマっていない感じがした。知名度の低い俳優だったらよかったかも。

というわけで、『MOTHER マザー』の総合点は、4点(5点満点中)です。

MOTHER マザー

『MOTHER マザー』はこんな人におすすめ

・長澤まさみの汚れ役が見たい
・胸糞悪い映画が好き
・ノンフィクション作品が見たい

クスリとも笑えない映画。胸糞悪いのが苦手な方は注意です。

Netflixで試聴する

※ 動画配信サービスの配信状況は変わる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました