映画の感想

映画『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』感想とあらすじ「面白い!」

2020年7月3日

コンフィデンスマンJP

概要・キャスト

公開日:2019年5月17日
監督:田中亮
主題歌:Official髭男dism「Pretender」
キャスト:長澤まさみ・東出昌大・小日向文世・小手伸也・織田梨沙・竹内結子・三浦春馬・江口洋介

あらすじ

百戦錬磨の詐欺集団のダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)とリチャード(小日向文世)

今回は香港マフィアの女帝が持つ伝説のパープルダイヤに狙いを定めます。香港を舞台に、史上最大の騙し合いが始まります。

感想

■ 面白い!大満足!

めちゃくちゃ面白い!!!え、邦画ってこんなに面白いの?て感じで、大大大満足でした。ストーリー・キャスト・演技・音楽・どんでん返し全てが最高でした。

■ ラスト予想できない

どんでん返しの連続でラストが全く予想できない!まんまとダー子(長澤まさみ)に騙されました。まさかまさかのラストの展開です。最後の最後まで真相が分からなかった。最後にビックリし過ぎて、見終わった後に直ぐ最初からもう1回繰り返し見たくらい。

■ 長澤まさみがいい!

それにしても、長澤まさみがハマり役ですね。めちゃくちゃ美人なのに映画の中で見せる変顔のせいで、全然色気なんて感じない。化粧なんてほぼしてないんじゃないってくらい薄化粧だけど清潔感あって綺麗だし。顔面偏差値はもちろん高いんだけど、この役のおかげで好感度アップ。

ということで、映画「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」は、めちゃくちゃ面白い大満足のどんでん返しが面白い映画です。

-映画の感想
-