映画の感想

映画『闇の子供たち』感想とあらすじ「世界の闇を描いた問題作」

2020年7月2日

闇の子供達

概要・キャスト

公開日:2008年8月2日
原作:梁石日「闇の子供たち」
監督/脚本:阪本順治
キャスト:江口洋介・妻夫木聡・宮崎あおい・佐藤浩市・鈴木砂羽・豊原功補

あらすじ

タイ北部の貧しい山岳地帯に暮らすヤイルーンは、8歳の時に実の親に売られてバンコクに連れて来られました。ヤイルーンは、バンコクの売春宿に売られ、世界中の大人の相手をさせられます。

バンコクに連れて行かれてから1年後にエイズを発症したヤイルーンは、ゴミ袋に入れられ捨てられます。そして今度は、ヤイルーンの妹が売春宿に連れて来られます。

そんな中、バンコク支社の新聞記者の南部(江口洋介)は、日本人の子供がタイで移植手術を受けるという話を聞き取材を始めます。

感想

■ フィクション?ノンフィクション?

タイの人身売買・臓器売買の話だけど、フィクションなのかノンフィクションなのか微妙なところ。

映画に出てくるように、田舎の子供たちが、お金のために実の親に売られて都会の違法風俗店で大人の性処理の相手をさせられ、HIVに感染し使えないと判断されたらゴミ同然に捨てられるという、なんとも闇が深く信じがたい話です。

だけど、日本でヌクヌクと育った私たちには知る由もない世界があるというのも事実で、実際にあると思うと悲しいというか残酷過ぎる現実です。

■ 胸糞悪さこの上ない日本人

まだまだ幼い生理も絶対きてないであろう子供たちをお金で買い、人間扱いさえしない変態日本人は、この上ないくらい胸糞悪かった。スーツケースに子供詰めてホテルに持ち帰るって...クズ過ぎる。演じた人も嫌だったろうな。

■ ラストはなかなかの衝撃

ラストの展開は予想していなかったので、なかなかの衝撃だった。どんでん返しというわけじゃないんだけど、おお...って感じでビックリでした。

■ 日本の素晴らしさを実感

お金欲しさに実の子供を売るなんて、日本でこんなことはほぼ起きないと思う。そんな非情なことをしなくても、生活に困れば生活保護が貰えるし、子育てが無理なら養護施設もあって、大人も子供も最低限の生活は保証される。格差社会と言われているけど、世界的に見たら日本はまだまだ平等なのではないかな。

日本の社会保障システムの素晴らしさが実感できる映画でもありますね。

ということで、映画「闇の子供たち」は、世界の闇を描いた問題作でした。

-映画の感想
-