映画『約束のネバーランド』感想とあらすじ「アニメの後に見ると厳しい」

約束のネバーランド_映画映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2020年12月18日
監督:平川雄一朗
主題歌:ずっと真夜中でいいのに。「正しくなれない」
キャスト:浜辺美波・北川景子・渡辺直美・城桧吏・板垣李光人

あらすじ


孤児院「グレイスフィールドハウス」では、ママのイザベラ(北川景子)からたっぷり愛情を受けながら子供達が暮らしています。エマ(浜辺美波)も、その子供達の1人で、毎日幸せに過ごしていました。

ところがある日、エマは、信頼していたイザベラの正体に気付いてしまいます。

感想・評価

アニメを見た後に視聴しました。アニメは面白かったのですが、実写版は結構酷かったです。やはりファンタジー感溢れるアニメの実写化は難しい。

アニメを丸ごとそのまま実写化しただけで、日本人顔に金髪という子供たちのヘアメイクも違和感満載、お遊戯会を見ているみたいでした。

北川景子と渡辺直美は、普段のイメージが良過ぎて悪い役を演じても説得力がないというか何というか。渡辺直美は子供たちを怖がらせるどころか楽しませているように感じるし、北川景子は良いママにしか見えなくて存在感も薄かった。アニメでは、この2人は鳥肌立つくらいに怖いし憎らしい。

もしかしたら、アニメを見たことのない人にとっては面白いかもしれません。アニメは面白いので。

というわけで、『約束のネバーランド』の評価は、2点(5点満点中)です。

タイトルとURLをコピーしました