映画『望み』感想とあらすじ「息子が殺人犯かもしれない家族の気持ち…」

望み映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2020年10月9日
原作:雫井脩介「望み」
監督:堤幸彦
主題歌:森山直太朗「落日」
キャスト:堤真一・石田ゆり子・岡田健史・清原果耶・松田翔太・竜雷太・市毛良枝

『望み』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ


一級建築士の父親が建てた立派な一軒家に、両親と中学生の娘と高校生の息子の4人家族が仲良く暮らしていました。高校生の息子は、サッカーで膝を怪我してから反抗的になり、冬休みのある日、家を出て行ったきり帰って来なくなります。

そのうち、息子とは連絡が取れなくなり、テレビで高校生が殺害されたというニュースが流れ、息子が殺人犯なのではないかと世間が騒ぎ始めます。

感想と評価

起承転結がしっかりしていて、最初からグングン惹き込まれてあっという間の2時間でした。

結末は想像と違ったのでちょっと驚き。最後は息子は生きていてハッピー♪って感じで終わるのかなと思ったら、まさかのラストの展開でした。何とも悲しい結末でしたが、だからこそ深い映画だったと思います。

行方不明になった男子高校生が殺人事件に関わっていると知った3人の家族が、それぞれの望みを抱くのですが、3人の感情が丁寧に描かれています。

【父親】
息子は加害者ではないと確信する
→→→被害者だったら亡くなっている可能性あるけど仕方なし
【母親】
加害者でもいいから生きていて欲しい
→→→加害者だったら殺人犯の家族になるけどそれでもいい
【妹】
加害者として帰ってきて欲しくない
→→→殺人犯の家族になるくらいなら亡くなっていた方がマシ

こんな感じで三者三様。同じ親でも父親と母親とでは全く違う思いだったのが印象的でした。母親の感情的な思いと、父親の理論的な考え。女性脳と男性脳の違いが見れて面白かった。

自分の子供が同じような状態になったら、堤真一の父親のような冷静さは保てないだろうな。おそらく母親のような行動に出るのだと思う。

そしてこの映画でも、マスコミの最低具合が描かれています。殺人犯の可能性があるというだけでマスコミが家に押しかけるシーンは本当に胸糞悪い。

キャストも申し分なし。総合的に演技力高いし見栄えもいい。清原果耶という女優を知らなかったけど、この映画で演技上手いなあと思いました。あと、堤真一が、亡骸になった息子に再会したシーンは見入ってしまうくらい凄い演技でした。

というわけで、映画『望み』の総合点は、5点(5点満点中)です!

望み

こんな人におすすめ

・親の愛に関する映画が見たい
・考察できる映画が好き
・家族についての映画が見たい

クスリとも笑えない映画ですが、おすすめなので是非見てください。

『望み』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました