映画『彼女がその名を知らない鳥たち』感想とあらすじ「胸糞悪い」

彼女がその名を知らない鳥たち映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2017年10月28日
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」
監督:白石和彌
脚本:浅野妙子
キャスト:蒼井優・阿部サダヲ・松坂桃李・竹野内豊

あらすじ

十和子(蒼井優)は、15歳年上の陣治(阿部サダヲ)と一緒に暮らして、陣治に養ってもらっていますが、不潔で貧乏で何の取り柄もない陣治を十和子は邪険に扱います。十和子のことが好きな陣治は懸命に十和子に尽くしますが、十和子には好きな人・黒崎がいます。

そんなある日、警察が家にやってきて、黒崎が行方不明になっていると伝えられます。十和子は、自分に異常な愛情を注ぐ陣治が、黒崎の行方不明に関与していると疑います。

感想・評価

総合点★★★★★ストーリー★★★★★
キャスト★★★★★演技★★★★★
胸キュン☆☆☆☆☆笑い☆☆☆☆☆
音楽★★★☆☆感動☆☆☆☆☆

■陰な雰囲気だけど面白い

蒼井優×阿部サダヲという時点で期待大!そして、期待通り面白かったです。ただ、登場人物が全員、隠のキャラクターでドロドロ悶々とした雰囲気の映画なので、元気になりたい時に見るのは控えた方がいいですね。

■事実が衝撃的だった

この映画のどんでん返しが想像できる人ってなかなかいないかもしれない。映画後半で明かされる衝撃の事実にビックリ。どんでん返し好きな方は堪らないと思います。

■十和子(蒼井優)が胸糞悪い

陣治(阿部サダヲ)のお金で生活している十和子(蒼井優)はマジで胸糞悪い。ジメジメしてて性格悪い。こんなにも見ている人を胸糞悪くさせる蒼井優って凄いなあと感心。

■不気味な阿部サダヲ

陣治の不潔っぷりが気持ち悪かった。1番嫌なのは食べ方が汚いところ、一緒に食事はしたくない。余程のもの好きじゃないと陣治は選ばないと思う。蒼井優の胸糞悪い演技も凄いけど、阿部サダヲの不気味な演技も凄いですね。

十和子(蒼井優)と陣治(阿部サダヲ)の関係

十和子(蒼井優)にゾッコンな陣治(阿部サダヲ)だけど、十和子は陣治を利用しているだけで愛していない。だけど、陣治のお金で生活できるから十和子は陣治から離れようとしない。十和子に邪険に扱われる陣治は可哀想って言えば可哀想だけど、陣治も陣治で十和子をお金で繋ぎ止めてる感があるからどっちもどっちかな。こういうカップルって結構いると思う。年の離れたカップルに多い。

■嫌な気持ちになる映画

映画の最初から最後までずっと嫌な気持ちでした。ネガティブなキャラクターばかりで、胸糞の悪さは半端ない。そして、どの登場人物にも共感できない。

■最後で陣治(阿部サダヲ)の愛を知る

陣治ってずっと怪しくて見てたけど、ラストで陣治の深い愛を知り、陣治を見直した。んだけど、うーん、やっぱり汚いから無理かな。

というわけで、彼女がその名を知らない鳥たちは、蒼井優と阿部サダヲの演技の上手さのおかげで、胸糞悪くなる映画です。

タイトルとURLをコピーしました