フランス映画『最強のふたり』感想とあらすじ「男の友情が熱い実話」

最強のふたり映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2012年9月1日
製作国:フランス
監督/脚本:エリックトレダノ・オリヴィエナカシュ
キャスト:フランソワクリュゼ・オマールシー・アンヌルニ・オドレイフルーロ・クロティルドモレ

『最強のふたり』は、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用して視聴可能です。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ

大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故による全身麻痺で身体が不自由なため、介護人を雇い生活しています。しかし、気難しい性格が災いして介護人は誰も続かず1週間程で辞めていきます。

そんなある日、スラム街出身の若者のドリス(オマール・シー)が新しい介護人として雇われることとなります。自分を対等に扱ってくれるフィリップはドリスを気に入り、2人は絆を深めていくのです。

感想・評価

フランス国内ではフランス人3人のうち1人が見たと言われるほどの記録的な大ヒットとなった大人気映画。

見た後にふんわりと優しい気持ちにさせてくれる映画ですが、大富豪の中年と貧困層の若者との心の交流を感動や笑いを込めて描かれていて、かなりハートフルで心が打たれる内容になっている。

介護の模様についてではなく、2人の心の交流が中心に描かれていて、世代や境遇を超えた友情がとても素晴らしく、これが実際に起こった出来事だと思うと羨ましく憧れるものがある。

映画『最強のふたり』のここがいい!

心が温まる
誰に対しても同じ態度で接する正直で素直なドリスと、ドリスを息子のように愛し慕うフィリップの2人の掛け合いを見ていると、心がほっこりと温まる。ギスギスとした人間関係に嫌気がさしている人は、この映画を見ると救われる気分になると思う。

フランスの社会問題が分かる
フランスというと、華やかでお洒落な人達ばかりのイメージがある人も多いかと思うけど、実はフランスは教育や所得の格差が激しく、社会問題となっている。このフランスの格差社会がリアルに描かれた映画でもある。

差別とは何かを教えてくれる
主人公のドリスは、障害者のフィリップに対して健常者と同じ扱いをする。他の人は、フィリップが障害者ということで様々なことに気を使うのですが、1人の人間として対等に接するドリスの態度にフィリップは信頼を寄せる。差別とは何なのかということを考えさせられます。

主人公の行動言動に学べることが多い
主人公のドリスの言動や行動は、本能に正直で、いつも素直で気持ちがいい。怒るときは怒り、悲しいときは悲しむ。嘘を言わないので時には無神経だったり乱暴に感じてしまうこともあるけど、それもとても人間らしい。人間の本来あるべき姿を見直させてくれます。

心震える最高の名シーン

誕生日会のダンスシーン
フィリップの誕生日会は毎年、演奏者を集めてクラシックの演奏会を行うのですが、ドリスは退屈してしまう。退屈したドリスは、自分の好きな曲(ファンクの名曲「ブギー・ワンダーランド」)をかけ、踊り出すのです。そんなドリスを見た周囲の人達も楽しく踊り出すという最高のシーン。

夜中に発作が起きるシーン
ある日の夜、フィリップが発作を起こしてしまう。そんなフィリップが落ち着くように、ドリスはフィリップを連れて外に散歩に出掛ける。フィリップを人間として対等に扱う反面、フィリップが1人ではできないことを最大限にフォローするドリスの優しさに心打たれるシーン。

脚に熱湯をかけるシーン
ドリスがフィリップの介護を始めたころに、脚に感覚がないことを確かめるために、ドリスがフィリップの脚に熱湯をかけるシーンがある。やりたいことは他人に遠慮せずやってみるという素直な行動が大人が忘れかけた大切なことを思い出させてくれた。

フィリップを車に乗せるシーン
障害者用の車に乗っているフィリップを初めて見たドリスが、「馬みたいに人間を荷台に載せるなんて嫌だ」と発言。これは、フィリップを人間として扱えという差別をしない人間ということがよく分かるシーン。

ドリスが飛行機に怖がるシーン
フィリップとドリスがチャーター機に乗るシーン。飛行機を怖がるドリスをフィリップが面白がって脅すと、ドリスがフィリップに「あんたは運が悪い。事故に車椅子に奥さんの死。ケネディ家みたい。あんたは悲劇に慣れているけど俺は違うんだ」といつものようにズケズケと発言。遠慮なく思っていることを全て口に出すドリスは見ていて本当に気持ちがよかった。

ヒトラーの髭のシーン
ナチスに関するギャグやジョークにはかなり抵抗のあるフランス人ですが、ドリスにはそれも関係ない。ドリスがフィリップのヒゲをヒトラー風にアレンジすると最初は嫌な顔をするフィリップだったけど、ドリスがあまりにも楽しそうなので不謹慎にも笑ってしまうというシーン。ドリスの圧倒的な無邪気さに癒されっぱなしでした。

というわけで、映画『最強のふたり』の総合点は、5点満点中5点です!

最強のふたり

こんな人におすすめ

・男の友情が好き
・感動する映画が見たい
・心温まる名作映画を探している
・実話に基づいた映画が見たい
・正直で素直な人間に憧れる

とにかく心温まる最高のフランス映画です。フランス映画の雰囲気が苦手な方にもおすすめできます!

『最強のふたり』は、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用して視聴可能です。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました