映画『アフタースクール』感想とあらすじ「どんでん返しが面白い」

アフタースクール映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『アフタースクール』概要・キャスト

公開日:2008年5月24日
監督/脚本:内田けんじ
主題歌:monobright「あの透明感と少年」
キャスト:大泉洋・佐々木蔵之介・堺雅人・田畑智子・常盤貴子
Amazonプライムで試聴する U-NEXTで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

『アフタースクール』のあらすじ

自分の母校である中学校に勤める教師の神野(大泉洋)のもとに、中学の同級生と名乗る探偵の北沢(佐々木蔵之介)が訪ねてきます。

北沢は「シマザキ」と名乗り、神野の友人で行方不明になった木村(堺雅人)を探す手伝いをしてくれと頼みます。神野は木村探しを手伝うちに、今まで知らなかった木村の姿を知るようになります。そして、木村探しは思いがけない展開に発展していきます。

『アフタースクール』の感想・評価(ネタバレあり)

※ネタバレしています。

どんでん返しが最高に面白い映画。まんまと騙されました。

主人公の神野はただのお人好し教師だと思っていたら、予想をはるかに超える事実にびっくり。まさかまさか全員刑事だったとは。

最後の、映画の始まりシーンを覆す事実が発覚したときは絶句。とにかくストーリーが最高に面白かった。

100分くらいしかない映画なので、ダラダラせずにアップテンポで進む点も◎

ただ1点、同じような登場人物が多くて誰が誰なのか、混乱することがある点が残念でした。

というわけで、『アフタースクール』の総合点は、5点(5点満点中)です!

アフタースクール

『アフタースクール』はこんな人におすすめ

・どんでん返しが好き
・面白い映画が見たい
・カラクリがある映画が好き

カラクリを見破りたい方は是非挑戦してください。

Amazonプライムで試聴する U-NEXTで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました