映画『孤狼の血』感想とあらすじ「グロいシーンに注意だけど面白い」

孤狼の血映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2018年5月12日
監督:白石和彌
原作:柚月裕子「孤狼の血」
キャスト:役所広司・松坂桃李・真木よう子・滝藤賢一・田口トモロヲ・石橋蓮司・江口洋介・中村獅童・ピエール瀧・中村倫也・竹野内豊

『孤狼の血』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ


1988年(昭和63年)広島呉原市で、暴力団の加古村組と尾谷組が対立している中、呉原金融の経理係が行方不明になる事件が起きます。

マル暴ベテラン刑事の大上(役所広司)は、新米刑事の日岡(松坂桃李)と共に、行方不明事件の捜査を始めまが、両組の対立は激化していきます。日岡は、暴力団との癒着が噂されている大上に疑念を抱きながらも、捜査を進めていきます。

感想・評価

暴力シーンが苦手な私は、今までヤクザ映画を見たことがほぼなかったけど、初めて見ました。結論、めちゃくちゃ面白かった。

最初から最後までゾクゾクしながらイッキ見。ストーリーもしっかりしていて見応えすごいです。ヤクザより刑事中心で描かれていて、シンプルで分かりやすい。

そしてなんといってもキャスト最高。
存在感抜群の役所広司が最高なのはもちろん、期待していなかった松坂桃李の新米刑事役がハマっていてすごくいい!他のキャストも文句なし。ただ、竹野内豊は、悪い役なんだけど、イメージと顔が爽やか過ぎてどうしてもいい奴に見えてしまった。

すごく面白いけど1点、目を覆いたくなるようなグロいシーンが山盛りあるので苦手な方は注意。

特に、豚の糞を食べさせる虐待シーンと江口洋介が生首持つシーンはエグくて、思い出すと本当に気持ち悪い。豚の糞を食べさせる虐待シーンは、もし自分の大切な人がこんな目に遭ったら…と想像して凹んでしまった。

かなり面白かったからグロいシーンあってももう一度見たい。

というわけで、『孤狼の血』の総合点は、5点(5点満点中)です!

孤狼の血

こんな人におすすめ

・面白いヤクザ映画が見たい
・ヤクザ映画が苦手だけど見たい
・役所広司と松坂桃李の熱演が見たい

ヤクザ映画興味ない方でも楽しめる面白い映画です。おすすめ。

『孤狼の血』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました