映画の感想

映画『孤狼の血』感想とあらすじ「グロいシーンに注意だけど面白い」

2021年11月28日

孤狼の血

概要・キャスト

公開日:2018年5月12日
監督:白石和彌
原作:柚月裕子「孤狼の血」
キャスト:役所広司・松坂桃李・真木よう子・滝藤賢一・田口トモロヲ・石橋蓮司・江口洋介・中村獅童・ピエール瀧・中村倫也・竹野内豊

あらすじ

1988年(昭和63年)広島呉原市で、暴力団の加古村組と尾谷組が対立している中、呉原金融の経理係が行方不明になる事件が起きます。

マル暴ベテラン刑事の大上(役所広司)は、新米刑事の日岡(松坂桃李)と共に、行方不明事件の捜査を始めまが、両組の対立は激化していきます。日岡は、暴力団との癒着が噂されている大上に疑念を抱きながらも、捜査を進めていきます。

感想

※ネタバレちょっとあります。

■めちゃくちゃ面白い!

めちゃくちゃ面白かった!最初から最後までゾクゾクしながらイッキ見しました。ストーリーもしっかりしていて見応え凄いです。ヤクザより刑事中心で描かれていて、シンプルで分かりやすい。ヤクザ映画というよりかは、刑事映画みたいな感じです。ヤクザ映画初心者でも女性でも十分に楽しめると思う。

■大上さん(役所広司)がカッコいい

大上さん(役所広司)のダークヒーローっぷりがいい!ヤクザと警察との間で命懸けで綱渡りしている大上さんがとにかくカッコいい。大上さんが好き過ぎて最後に殺されてしまった時は本気で悲しかった。しかも殺され方エグいし。

■役所広司&松坂桃李がいいね

役所広司が最高なのは言わずもがな、松坂桃李の新米刑事役もハマっていてよかった。他のキャストも文句なし。映画冒頭に出てきたビッチなMEGUMIもいいね。ただ、竹野内豊は、悪い役なんだけど、イメージと顔が爽やか過ぎてどうしてもイイ奴に見えるなあ。

■グロいシーン多め

すごく面白いけど1点、目を覆いたくなるようなグロいシーンが山盛りあるので苦手な方は注意。

特に、豚の糞を食べさせる虐待シーンと江口洋介が生首持つシーンはエグくて、思い出すと本当に気持ち悪い。豚の糞を食べさせる虐待シーンは、もし自分の大切な人がこんな目に遭ったら...と想像して凹んでしまった。

というわけで、映画「孤狼の血」は、グロいシーン多くても面白かったから何度でも見たい映画です。

-映画の感想
-