映画『マスカレードホテル』感想とあらすじ「まさかの真犯人にはビックリ」

マスカレードホテル映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2011年9月10日
原作:東野圭吾
監督:鈴木雅之
脚本:岡田道尚
キャスト:木村拓哉・長澤まさみ・小日向文世・渡部篤郎・長澤まさみ・石橋凌・鶴見辰吾

『マスカレードホテル』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ

東京で3件の殺人事件が発生し、いずれも同一人物による連続殺人として捜査が進められています。捜査により、次の殺人現場はホテルコルテシア東京で起こると推測。

そこで捜査員が、ホテルコルテシア東京のスタッフに成りすまし、潜伏捜査をすることが決定します。刑事とホテルマンは真逆といっていいほど異なる職業で、警部補の新田は、フロント業務に慣れません。そんな新田(木村拓哉)のフォローを任された山岸(長澤まさみ)は、最初は新田に反抗的でしたが、新田に助けられたことにより徐々にお互いに心を開いて行きます。

新田は、このホテルの中に必ず犯人がいると睨み、怪しい客全てに目を光らせ、犯人逮捕に力を入れますが、どの客も犯人ではありません。

そんなある日、ホテルで結婚式を挙げる予定の花嫁(前田敦子)のストーカーが犯人ではないかとの情報が入ります。結婚式当日、ストーカーらしき人物が現れ逮捕しようとしますが、能勢(小日向文世)より、別の犯人に結びつく情報を手に入れます。真犯人が分かった新田は、その真犯人を捕まえようとするのですが…

感想・評価

アップテンポで進む展開には目が離せず、夢中になって見てしまう面白い映画。

真犯人に辿り着くまでの話も面白いし、ラストで真犯人が分かった時にはビックリ。映画の途中でこの人も怪しいしこの人も怪しいとか色々と真犯人を想像していたけど、全く予想と違ったので、最後に真犯人が分かった時には驚きでした。真犯人が分かった人凄いなって思う。

キャストはかなり豪華。木村拓哉と長澤まさみの共演だけでも豪華ですが、脇を固める役者さんもかなり豪華。次から次に出てくる宿泊客のキャストの豪華さに圧倒されます。キャストの見応えはバッチリ。

そして、私は見つけることができなかったけど、明石家さんまが出演しているらしい。映画を見るもう1つの楽しみとして、明石家さんまを探せ!をしてみるのもいいかも。

というわけで、映画『マスカレードホテル』の総合評価は、4.5点(5点満点中)です。

マスカレードホテル

こんな人におすすめ

・どんでん返しを楽しみたい
・映画『THE 有頂天ホテル』が好き
・面白い映画が見たい

豪華なキャストで面白いストーリー、ラストびっくりの名作です。「THE有頂天ホテル」が好きな人は絶対に好きなはず。とにかく見て損はありません。

『マスカレードホテル』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました