映画『カメラを止めるな!』感想・あらすじ「噂通りに面白かった」

カメラを止めるな映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2018年6月23日
監督/脚本:上田慎一郎
主題歌:謙遜ラヴァーズ feat.山本真由美「Keep Rolling」
キャスト:濱津隆之・秋山ゆずき・長屋和彰・細井学・市原洋・山﨑俊太郎・イワゴウサトシ・高橋恭子・真魚・しゅはまはるみ

あらすじ


ゾンビ映画の撮影中にスタッフや役者がどんどんゾンビ化していき、ゾンビが人間に襲いかかります。

感想・評価

前半は素人が撮ったようなホラー映画で全く面白くなくて疲れてきたので見るの止めようかなと思ったのですが、中盤からどんでん返しでイッキに面白くなりました。なんだか狐につままれたような気分でした。

何か裏があるんだろうなというのは最初から分かっていたんだけど、その真実がめちゃくちゃ面白かった。制作現場の裏側が撮られていて、「実はこうだった!」というのが後半で描かれていて、実に愉快。ホラー映画ではなくてコメディ映画。噂通りの面白い映画でした。

というわけで、『カメラを止めるな!』の評価は、5点(5点満点中)です!

タイトルとURLをコピーしました