映画の感想

映画『探偵はBARにいる2』感想とあらすじ「犯人が予想外で驚き」

2021年3月25日

探偵はBARにいる2

概要・キャスト

公開日:2013年5月11日
監督:橋本一
原作:東直己「探偵はひとりぼっち」
主題歌:鈴木慶一とムーンライダーズ「スカンピン」
キャスト:大泉洋・松田龍平・尾野真千子・ゴリ・渡部篤郎

あらすじ

探偵(大泉洋)の行きつけのオカマバーの仲良しのオカマ・マサコちゃん(ゴリ)が殺されます。なかなか犯人が捕まらず事件が風化しそうになる中、探偵は、高田(松田龍平)と事件の犯人を捕まえようとします。ですが、周囲の反応が悪くなかなか進展しません。

そんな時、生前、マサコちゃんが大ファンだったヴァイオリニストの弓子(尾野真千子)が探偵の前に現れます。

感想

■ 北海道と大泉洋と松田龍平

前回のシリーズに引き続き、北海道の景色&大泉洋と松田龍平の掛け合いがよかった。大泉洋は大泉洋そのままの感じですが、松田龍平のヒョウヒョウとした演技にはハマる。ベタベタし過ぎないけど信頼し合っている探偵(大泉洋)と高田(松田龍平)の関係が素敵だと思った。

■ ストーリーはいまいち

ストーリーは正直、そんなに面白くなかった。ラストに全ての真相が明らかになるけど、ふーんという印象。ただ、犯人が予想外の人物だったのでビックリ。

あとやはり2シリーズ目も暴力シーンが痛々しくて見てられませんでした。

■ メイク上手い

目を奪われたのが、大泉洋が殴られた後の顔のメイクが上手過ぎなところ。わざとらしい青あざとかじゃなく、よく見ると顔腫れてるくらいのちょうどいいやつ。メイクさん凄いなって思いました。

■ 尾野真千子はやはりいい

尾野真千子の強弱のある演技は素晴らしい。好きな女優の1人。この映画でもやはり安定してよかった。

というわけで、映画「探偵はBARにいる2」は、ストーリーはいまいちだけど、犯人意外で驚きの映画でした。

-映画の感想
-