映画『探偵はBARにいる3』感想とあらすじ「北川景子が美しい!」

探偵はBARにいる3映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2017年12月1日
監督:吉田照幸
原作:東直己「ススキノ探偵シリーズ」
主題歌:はちみつぱい「大寒町」
キャスト:大泉洋・松田龍平・北川景子・前田敦子・志尊淳・鈴木砂羽・リリーフランキー

あらすじ


北海道のすすきのを生業にする探偵(大泉洋)は、相棒の高田(松田龍平)から探偵依頼を持ち込まれます。依頼内容は、高田の後輩の失踪した恋人の行方を探して欲しいということ。

依頼を受けた探偵が調べ始めると、モデル事務所のオーナー・マリ(北川景子)に辿り着きます。

感想・評価

3シリーズの中で1番面白かった。最後の最後までマリの動機が分からなかったから、ワクワクしながら見れました。

ラストで明らかになる主人公のマリの本当の目的が、なんとも切なくて悲しかった。

北川景子の棒読みセリフが気になったけど、ラストの方で拳銃ぶっ放してドスの効いた声で叫ぶ姿は迫力があってよかった。そして何より北川景子は本当に美しい。演技微妙でもこの美貌を見ているだけでいいかも。

大泉洋と松田龍平の面白い掛け合いは健在。やっぱ松田龍平の高田いいですね。クセになる。

暴力シーンは前回に引き続き痛々しくて苦手でした。

というわけで、『探偵はBARにいる3』の評価は、4点(5点満点中)です。

シリーズ4やらないかなあ。探偵と高田のコンビが見たい。

タイトルとURLをコピーしました