映画の感想

映画『七つの会議』感想とあらすじ「どうしても半沢直樹がチラつく」

2020年8月15日

七つの会議

概要・キャスト

公開日:2019年2月1日
原作:池井戸潤「七つの会議」
監督:福澤克雄
主題歌:ボブ・ディラン「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」
キャスト:野村萬斎・香川照之・及川光博・片岡愛之助・藤森慎吾・岡田浩暉

あらすじ

中堅電機メーカーの東京建電では、ノルマ達成に厳しく、営業成績が悪いと会議で叱責されノルマ達成を厳しく求められます。

そんなピリピリした会議でただ1人居眠りをしているのは、グータラ社員の八角(野村萬斎)

そんな八角は課長に厳しく注意され、八角は課長をパワハラで訴えます。訴えられた課長は成績も良く毎回ノルマも達成していましたが、まさかの左遷となり、課長が担当していた取引の一部を八角が引き継ぐことになります。

新しく課長となった原島(及川光博)は、前課長の左遷に疑問を抱き、八角の行動が怪しいと感じ、八角の周辺を調べているうちに真実が明らかとなっていき、それが会社の大問題であることを知ります。

感想

■ 半沢直樹がチラつく

どうしても半沢直樹が頭をチラつく映画でした。

香川照之・北大路欣也・及川光博・片岡愛之助のお馴染みの半沢直樹メンバーが集結していて、赤井英和も一瞬ですが出演。野村萬斎を堺雅人にすればまるで半沢直樹。野村萬斎と堺雅人の髪型や背格好も似てるし。

同じ池井戸潤原作で会社の不祥事を暴くというドラマ、さらにキャストがキャストなだけにどうしても半沢直樹がチラついた。

■ テンポ良くて面白い

ストーリーは最初から面白く、あっという間の2時間。真実が次々に明らかになり面白さが加速していく。最後は不正が暴かれてスッキリとした終わり方。テンポも良くて見やすかった。

■ 原島(及川光博)は刑事向き

原島(及川光博)は、上からのプレッシャーにより会議中に部下の前で吐いてしまうという頼りなさ。会議中に吐くくらいストレス溜まってるんなら早く会社を辞めたほうがいいよと思いながら見てた。

でも、途中から会社の不正を暴こうと生き生きし出して、こういうことだったら頑張れるんだと思った。だったら、刑事とか探偵なんかが向いてるんじゃないかな。

■ 八角(野村萬斎)の不思議

なんで、八角(野村萬斎)がグータラ社員を20年も続けてきたのか不思議。さっさと辞めて別の会社で頑張ればよかったのに。終身雇用の精神なのかな。

■ 藤森慎吾がよかった

藤森慎吾の性悪胸糞サラリーマン役がなかなかハマっていた。お笑い芸人ってどうしてもコントに見えがちだけど、藤森慎吾の嫌な奴の演技が上手過ぎてコントに見えない。

というわけで、映画「七つの会議」は、半沢直樹がチラつく映画でした。

-映画の感想
-