邦画

映画『潔く柔く』感想とあらすじ「高校生役の長澤まさみが可愛い」

2020年7月7日

潔く柔く

概要・キャスト

公開日:2013年10月26日
監督:新城毅彦
原作:いくえみ綾「潔く柔く」
主題歌:斉藤和義「かげろう」
キャスト:長澤まさみ・岡田将生・池脇千鶴・大滝愛結・高良健吾・波瑠・中村蒼

あらすじ

カンナ(長澤まさみ)と春田(高良健吾)は、同じアパートに住む幼馴染。2人は高校でも同じクラスになり、同時に、真山(中村蒼)と朝美(波瑠)とも仲良くなります。

4人はいつも一緒にいるようになり、春田と真山はカンナを、朝美は春田を好きになります。

ある日、真山とカンナが夏祭りに行っている間に春田は交通事故で亡くなってしまいます。カンナにメールを送ろうとして交通事故に遭った春田。春田のことが好きだった朝美はカンナを攻め、カンナと真山もギクシャクしてしまいます。

そして時は過ぎ、大人になったカンナは、春田の死が忘れられず今だに恋愛ができないでいます。そんな時、カンナは同じように過去の傷を持つ男性に出会います。

感想

■ よくある設定

ヒロインが高校時代に、幼馴染(友達以上恋人未満)が交通事故で亡くなったことがトラウマで大人になっても恋愛できないよーって内容。で、そんなとこに無愛想なイケメンが現れて...ってよくある設定です。

■ そこまで引きずる?

高校時代のストーリーは面白いけど、大人になった現在のストーリーが微妙。何年も前のことなのに、そんなにも忘れないものかなと共感できなかった。

だって、カンナ(長澤まさみ)はちょっと優柔不断だったとは思うけど、事故とは全く関係ないし悪くない。真山(中村蒼)と夏祭りに行っていなかったら幼馴染は死ななかったというわけでもないし。朝美(波瑠)がカンナを攻めまくっていたのには全くの見当違いで本気でイラっとした。

■ 猫のキス

感動こそしなかったけど高校時代の恋模様にキュンとするシーンあり。カンナ(長澤まさみ)と春田(高良健吾)の猫のキスは、友達以上恋人未満って感じがしてよかった。

長澤まさみ最強

それにしても、高校生役の長澤まさみがとてつもなく可愛い。もう、ロングヘアで制服姿の可愛い長澤まさみを見るだけでも価値ありな映画です。あんなの同級生にいたら好きになるに決まっている。

というわけで、映画『潔く柔く』は、 です。

-邦画
-