映画『パッチギ!』感想とあらすじ「面白い!定期的に見たくなる」

パッチギ映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2005年1月22日
監督:井筒和幸
脚本:井筒和幸・羽原大介
キャスト:塩谷瞬・高岡蒼佑・沢尻エリカ・小出恵介・真木よう子・オダギリジョー・大友康平

あらすじ

1968年、京都の高校生・康介(塩谷瞬)は、在日朝鮮の女子高校生・キョンジャ(沢尻エリカ)に一目惚れします。

だが、キョンジャは、朝鮮学校の番長のアンソン(高岡蒼甫)の妹。争いの絶えない朝鮮学校の番長の妹となんとか仲良くなりたい康介は、ギターを購入し「イムジン河」を練習するなどアピールします。

日本人というだけで在日朝鮮人に嫌われてしまう康介でしたが、徐々に康介の想いが伝わり、キョンジャや周囲の在日朝鮮人たちと仲良くなっていきます。

感想・評価

総合点★★★★★ストーリー★★★★★
キャスト★★★★★演技★★★★★
胸キュン☆☆☆☆☆笑い☆☆☆☆☆
音楽★★☆☆☆感動☆☆☆☆☆

■定期的に見たい

面白い!めちゃくちゃ好きな映画です。最初から夢中になって気付いたら終わっているという感じ。在日韓国人と日本人との友情・恋愛の描写がとても面白い。韓国人にとってイムジン河がどのような歌なのかなど、在日韓国人について深く切り込んでいる。定期的に見たくなります。

■在日女子と日本人男子の恋愛

在日の女の子と日本人の男の子の恋愛の描写はなかなかリアルで、現在でも実際にああいう苦労はあるんだと思う。在日韓国人が日本で生きていくことは想像以上に大変なのかもしれない。キョンジャ(沢尻エリカ)が康介(塩谷瞬)に言った「結婚することになったら朝鮮人になれる?」はとても印象的だった。

■とにかく沢尻エリカが可愛い

10代の沢尻エリカがとてつもなく可愛い!主人公の康介(塩谷瞬)が夢中になるのは仕方がない。当時は頬がぷっくりしていて幼いけどそこもまたいい!美人な上に可愛くて、性格もいい!これは誰しも惚れる。

■韓国語まじりの日本語

在日朝鮮人役のキャストが、日本語に混じってところどころ単語で韓国語を交えて話していたけど、普通そんな話し方するかな?ルー大柴みたいだなってちょっと笑ってしまった。

■暴力の描写が過激

暴力シーンがかなり多いです。軽いのではなくて、過激な暴力のシーンが多いので、シーンによっては目を背けてしまう方もいるかもしれないのでご注意です。

■思想次第で賛否が分かれる

ところどころ、セリフに強い井筒監督の政治思想が感じられます。

「お前らの先祖は自分たちに悪いことをした」
「生駒トンネルを掘ったのも国会議事堂を建てて大理石を敷き詰めたのも全て朝鮮人」

などというセリフなど、映画の中で語られる歴史観が、見る側の思想次第では腑に落ちないと思う。このように作り手の思想が入った作品は、フラットな目で見る必要があるなと感じました。

というわけで、パッチギ!は、10代の沢尻エリカがめちゃくちゃ可愛いし、面白くて定期的に見たくなる映画です。

 

タイトルとURLをコピーしました