映画『パッチギ!』感想とあらすじ「面白い!定期的に見たくなる」

パッチギ映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『パッチギ!』概要・キャスト

公開日:2005年1月22日
監督:井筒和幸
脚本:井筒和幸・羽原大介
キャスト:塩谷瞬・高岡蒼佑・沢尻エリカ・小出恵介・真木よう子・オダギリジョー・楊原京子・尾上寛之・波岡一喜・ケンドーコバヤシ・光石研・大友康平
 Netflixで試聴する  Huluで試聴する Amazonプライムで試聴する U-NEXTで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

映画『パッチギ!』のあらすじ

1968年、京都の高校生・康介(塩谷瞬)は、在日朝鮮の女子高校生・キョンジャ(沢尻エリカ)に一目惚れします。

だが、キョンジャは、朝鮮学校の番長のアンソン(高岡蒼甫)の妹。争いの絶えない朝鮮学校の番長の妹となんとか仲良くなりたい康介は、ギターを購入し「イムジン河」を練習するなどアピールします。

日本人というだけで在日朝鮮人に嫌われてしまう康介でしたが、徐々に康介の想いが伝わり、キョンジャや周囲の在日朝鮮人たちと仲良くなっていきます。

映画『パッチギ!』の感想・評価

面白い邦画ランキングに必ずと言っていいほどランクインする『パッチギ!』ですが、やはりめちゃくちゃ面白い。アップテンポで進む物語と、先の読めない展開に引き込まれます。

最初から夢中になって見て気付いたら終わっているという感じ。井筒監督ってすごいなと思わせる作品。

もう何年も前の映画ですが、今でも「あの映画また見てみよう」と思わせてくれる映画のひとつです。

最高に面白いストーリー

とにかくストーリーが面白く、もう一度見たくなる映画。軸は高校生同士の恋愛ストーリーですが、恋愛映画という雰囲気では全くなく、ヒューマンストーリーという感じ。年代問わず楽しめる映画だと思う。

最強のキャスト

キャストは最強。沢尻エリカ・塩谷瞬・高岡蒼甫・小出恵介・オダギリジョー・真木よう子など。今では再集結不可能なメンバーですね。総じて演技が上手いし、登場人物にみんな血が通っている。特に沢尻エリカは最高。10代の彼女はほっぺたがぷっくりしていて可愛過ぎ。

アップテンポな展開

話がアップテンポでどんどん進んでいくので、どんどん話に引き込まれます。見ている間ずっと飽きないので、夢中になって見てしまう。何度も見ても楽しく見れます。

暴力の描写が過激

面白い映画ですが、暴力シーンがかなり多いです。軽いのではなくて、過激な暴力のシーンが多いので、シーンによっては目を背けてしまう方もいるかもしれないです。

思想次第で賛否が分かれる

映画の中のセリフに強い井筒監督の政治思想が感じられます。「お前らの先祖は自分たちに悪いことをした」「生駒トンネルを掘ったのも国会議事堂を建てて大理石を敷き詰めたのも全て朝鮮人」などというセリフなど、ドラマの中で語られる歴史観が見る側の思想次第では腑に落ちないと思う。

というわけで、映画『パッチギ!』の総合点は、5点(5点満点中)です!

パッチギ

映画『パッチギ!』はこんな人におすすめ

・とにかく面白い映画が見たい
・可愛い沢尻エリカが見たい
・演技の上手い役者が揃った名作が見たい

映画公開から何年も経っていますが、未だに人気のある井筒監督作品です。ちなみにですが、『パッチギ! LOVE&PEACE』は面白くないので、見るなら絶対に『パッチギ!』です。

 Netflixで試聴する  Huluで試聴する Amazonプライムで試聴する U-NEXTで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました