映画『恋は雨上がりのように』感想とあらすじ「小松菜奈のスタイルやば」

恋は雨上がりのように映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2018年5月25日
監督:永井聡
主題歌:鈴木瑛美子×亀田誠治「フロントメモリー」
キャスト:小松菜奈・大泉洋・清野菜名・吉田羊・磯村勇斗・葉山奨之・戸次重幸

『恋は雨上がりのように』を見る方法は、Amazonプライムビデオの30日間無料体験がおすすめです。
>>>Amazonプライムビデオはこちら

あらすじ


高身長で美人の女子高校生・あきら(小松菜奈)は、アルバイト先のファミレスの店長・バツイチ45歳(大泉洋)に恋をしています。あきらは店長に積極的にアピールしますが、店長にはただのバイトの子として見られています。

そんな時、店長はあきらが脚を怪我したことで陸上部を辞めてアルバイトをしていることを知ります。脚の怪我により陸上を諦めていたあきらですが、店長との交流によって意識が変わっていきます。

感想・評価

小松菜奈が演じる主人公の女子高校生の雰囲気が良くて最初から惹き付けられた。

ただ、面白かったのは、途中までで、店長に夢中だったはずの主人公が、途中から「え?店長のこと好きなんじゃなかったっけ」と思うシーンが多くて、主人公のキャラが定まってないことが気になって仕方がなかった。あの最初の無愛想で目つきの鋭い何を考えているのか分からないキャラに惹き込まれたのに。あのまま最後までキャラを突き通して欲しかったな。ストーリーも途中から、恋愛というより青春映画みたいになって残念でした。

主人公を演じたのは小松菜奈。スタイル良すぎ。顔が可愛い女優はたくさんいるんだけど、スタイルがいい女優は日本には少ないから貴重。笑った顔も可愛いからずっと見てられる。

大泉洋のスッとボケた感じの中年親父も良かった。結構、ああいう穏やかな感じの男性は人気があるのではないかと思った。主人公が惚れた気持ちも分からなくはない。

役者の演技はちょっとな。大泉洋や吉田羊なんかのベテランは安定しているんだけど、女子高校生たちの演技がこの映画では微妙でした。

あとは、エンディングの音楽がノリノリで良かった。予告にも使われている曲。この予告に釣られて見た人も多いのでは。

というわけで、『恋は雨上がりのように』の総合点は、4点(5点満点中)です。

恋は雨上がりのように_映画

こんな人におすすめ

・小松菜奈の魅力が知りたい
・女子高校生と中年の恋愛に興味がある
・陸上部だった女性の方

小松菜奈が可愛いので小松菜奈に興味がある方は見た方がいいです。

『恋は雨上がりのように』を見る方法は、Amazonプライムビデオの30日間無料体験がおすすめです。
>>>Amazonプライムビデオはこちら
タイトルとURLをコピーしました