映画の感想

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』感想とあらすじ「良い映画」

2020年8月18日

こんな夜更けにバナナかよ

概要・キャスト

公開日:2018年12月28日
原作:渡辺一史
「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」
監督:前田哲
主題歌:ポルノグラフィティ「フラワー」
キャスト:大泉洋・高畑充希・三浦春馬・萩原聖人・渡辺真起子・宇野祥平・原田美枝子・竜雷太・綾戸智恵・佐藤浩市

あらすじ

子供の頃から難病の筋ジストロフィーを患い、24時間体制の介護がないと生活できない鹿野(大泉洋)は、病院ではなく、ケア付きの住宅で自らボランティアを集め、大勢のボランティアに囲まれて楽しく生活をしています。

ある日、医大生ボランティアの田中(三浦春馬)の恋人である美咲(高畑充希)が、田中に会いに鹿野のケア住宅に訪れます。美咲を新人ボランティアと勘違いした鹿野は美咲に好意を寄せます。

ワガママでずうずうしい鹿野に嫌悪感を抱く美咲でしたが、鹿野と一緒にいるうちに、鹿野の魅力を知っていくのです。

感想

■ 面白くて素敵な実話

期待せずに見たけど面白かった。こんな話が実際にあったんだと思うと素敵。ニュースを見ているとギスギスした世の中だなって思うけど、こういう心温まるノンフィクション映画を見ると、ホッとしますね。

■ 鹿野(大泉洋)に魅了される

鹿野が登場した瞬間、このタイプ苦手だなと瞬時に思った。ボランティアのこと、ボラって呼んでこき使ったり、ワガママに振る舞う姿が何様なんだと。

だけど、鹿野を知るうちに、どんどん魅力的に見えてきて、どんどん愛おしくなった。イラってする発言多いけど、それは自分の気持ちに正直なだけで、逆に考えると嘘つかないから信用できるし、夢を諦めず誰よりも一生懸命生きている姿に勇気をもらえた。

鹿野の言葉で「できないことは助けてもらえばいい」というセリフがあるのですが、これは日本人が苦手とするものの一つだなと思う。他人に迷惑をかけてはいけないという教育を受け育つ日本人は、困ったことがあってもなかなか他人に助けを求めることができない。

そう考えると、やはり他人に助けを求めるのは勇気がいることで、一からボランティアを集めた鹿野の行動力は凄いと思う。

■ 大泉洋がハマり役

大泉洋の自然な演技がよかった。ちょっと高い声でイラッとする発言をするワガママざんまいなキャラがピッタリでした。

というわけで、映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」は、人間の生き方について考えさせられる心温まる実話です。

-映画の感想
-,