映画の感想

映画『彼らが本気で編むときは、』感想とあらすじ「LGBTについて考える」

2020年8月17日

彼らが本気で編むときは

概要・キャスト

公開日:2017年2月25日
監督/脚本:荻上直子
挿入歌:ゴスペラーズ
キャスト:生田斗真・桐谷健太・柿原りんか・ミムラ・込江海翔・小池栄子・門脇麦・柏原収史・田中美佐子

あらすじ

母親が家を出ていってしまい1人ぼっちになってしまった小学生のトモ(柿原りんか)は、叔父のマキオ(桐谷健太)を頼ります。

マキオの家でお世話になることになったトモでしたが、マキオは、トランジェスターの恋人のリンコ(生田斗真)と同棲していました。

最初は、リンコの存在に戸惑うトモでしたが、優しくて料理の上手なリンコに心を開いていき、本当の家族のように慕うようになります。

感想

■ LGBTについて考える

リンコ(生田斗真)が存在するだけで差別されるようなシーンがあり、心が苦しくなった。多様性が叫ばれる今の時代ですが、みんなと同じを重んじる日本では、マイノリティなLGBTはまだまだ色眼鏡で見られやすい。

小学生のトモ(柿原りんか)が、リンコに最初は嫌悪感を抱くのですが、その嫌悪感の原因は、生まれた頃から家庭や学校で「女は女らしく男は男らしく」という意識を刷り込まれていたからだと思う。

アインシュタインの名言で「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」という言葉がある。この言葉で、女の姿に生まれたから女、男の姿に生まれたから男というのは、そもそも偏見なのだということに気付く。それに、よく考えたら、女の子用の服、男子の制服とか、別に男女で分ける必要ないよね。

まずは大人達の視野を広げ、多様性を子供達に伝えていくことで、LGBTに対する世間の目はどんどん変わっていくのではないかと思う。

というわけで、映画「彼らが本気で編むときは、」は、LGBTについて考えさせられた映画でした。

-映画の感想
-