映画レビュー

映画『THE 有頂天ホテル』感想とあらすじ「三谷幸喜ワールド全開」

2020年8月3日

有頂天ホテル

概要・キャスト

公開日:2006年1月14日
監督/脚本:三谷幸喜
キャスト:役所広司・松たか子・香取慎吾・伊東四朗・戸田恵子・生瀬勝久・川平慈英・堀内敬子・石井正則・オダギリジョー・佐藤浩市・浅野和之・篠原涼子・原田美枝子・角野卓造・津川雅彦・近藤芳正・麻生久美子・西田敏行・梶原善・唐沢寿明・YOU・寺島進

あらすじ


大晦日の華やかなカウントダウンパーティーを控えたホテルで、ホテルの従業員や客、パーティーのゲストたちが様々なトラブルを起こします。大晦日のホテルを舞台に繰り広げられる人間模様が面白可笑しく描かれています。

感想・評価

三谷幸喜ワールド全開のドタバタコメディ映画で面白い。見ると明るい気持ちになれて、見終わったあとは幸せな気分になります。

登場人物が多いのに見事に絡み合ってストーリーが繋がっていくところが見どころ。よくできているなあと感心。

そして、主役級の役者を集めた豪華過ぎるキャストも最高。役所広司・松たか子・戸田恵子・香取慎吾・佐藤浩市・篠原涼子・西田敏行など他にもたくさん、大物役者達が間抜けなキャラクターを演じているのが面白いです。

【良い点】
・登場キャラクターが面白い
・ストーリーが絡み合ってお見事
・豪華なキャスト

【残念な点】
・よく見ないとついていけない
・笑いがベタすぎるところあり
・好き嫌いが分かれる

というわけで、『THE 有頂天ホテル』の評価は、5点(5点満点中)です!

-映画レビュー
-,