ドラマの感想

ドラマ『流れ星』感想とあらすじ「サイコな稲垣吾郎が怖い」

2020年8月4日

流れ星

概要・キャスト

放送日:2010年10月18日〜12月20日
脚本:臼田素子/秋山竜平
主題歌:コブクロ「流星」
キャスト:竹野内豊・上戸彩・北乃きい・原田美枝子・板谷由夏・杉本哲太・松田翔太・桐山照史・稲垣吾郎

あらすじ

難病を抱えている妹に肝臓を移植してくれる人を探している健吾(竹野内豊)は、借金を抱えている梨沙(上戸彩)と偶然知り合い、梨沙の借金を肩代わりするかわりに、肝臓移植をするという契約をし結婚します。

正反対の世界に住む2人の偽装結婚だったはずが、同じ家に暮らしいくつもの試練を乗り越えていくうちに、お互いに惹かれ合っていき本当の愛に変わっていきます。

感想

■ 偽装結婚から始まる恋

ベタベタの恋愛ストーリーじゃなくて、偽装結婚だったのに情が沸いちゃってジワジワと恋が始まる感じ、どちらかというと家族愛が中心に描かれていた。

■ 上戸彩×竹野内豊

梨沙(上戸彩)は元風俗嬢で、茶髪にショートパンツ、男勝りな口調という、上戸彩のイメージを覆すような女の子。だけど、以外にも上戸彩にハマってた。気だるそうな雰囲気とか演技上手だった。上戸彩をキャスティングした人、大正解。

梨沙の、自分の人生は諦めているけど、他人には幸せになってほしいという優しさや健気さには感動して泣けた。

健吾(竹野内豊)は包容力あってかっこいい。低くて優しそうな声もいい。竹野内豊ってチャラチャラした役多くてそういうイメージだったけど、こういう役もハマる。

ただ、上戸彩と竹野内豊がどうしても恋人に見えない。どう見ても兄と妹。キスシーン結構濃厚だったけど、いけないもの見ている気分になった。

■ サイコパスな稲垣吾郎

梨沙の兄(稲垣吾郎)のサイコパスっぷりが怖かった。梨沙のお金は奪うし幸せも奪うし、あんなのが家族なんて絶対嫌。梨沙をストーカーのように付け回す様子は恐怖だった。

■ コブクロいいわ

あと、コブクロの主題歌「流星」は控えめに言って最高です。流れるだけで泣けてくる。

というわけで、ドラマ「流れ星」は、サイコパスな稲垣吾郎が怖いドラマした。

-ドラマの感想
-,