ドラマ『僕だけのマドンナ』感想とあらすじ「長谷川京子の可愛さよ」

僕だけのマドンナドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『僕だけのマドンナ』概要・キャスト

放送日:2003年7月7日〜9月15日
脚本:岡田惠和
主題歌:サザンオールスターズ「涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜」
キャスト:滝沢秀明・長谷川京子・緒形直人・小西真奈美・島谷ひとみ・小泉孝太郎・真矢みき・森本レオ・小堺一機

ドラマ『僕だけのマドンナ』は、動画配信サービスでは視聴ができませんが、DVD化はされています。DVDだと宅配レンタルがおすすめ。初回登録後30日間は無料でお試し可能。

<映画・アニメ・ドラマ見放題・音楽や漫画も宅配レンタル>30日間無料!

『僕だけのマドンナ』のあらすじ

建築学科の学生・恭一(滝沢秀明)は、夏のある日、家に不法侵入した年上の美女・するみ(長谷川京子)と出会います。

するみは、かつて好きだった本田(緒形直人)が別の人と結婚すると知り、監視するために恭一の部屋に侵入したと言います。そんな奔放なするみに振り回される恭一ですが、一緒にいるうちにするみに惹かれていきます。

『僕だけのマドンナ』の感想と評価

長谷川京子の存在が可愛過ぎるのが魅力のドラマでした。

20代の長谷川京子が驚くほど可愛い。特にこのドラマの長谷川京子は別格です。

頬がふっくらしていて小動物みたいな顔面。そして、天真爛漫なキャラクターが可愛さに拍車をかけている。こんな女性がいたら、何歳年上でもいいから付き合いたい気持ちは分かる。

髪型も衣装もオシャレだから女性支持もあるはず。長谷川京子のセリフが棒読み気味なのが気になるけど、ぶっ飛んだキャラクターのおかげで演技力をカバーしてくれている。そういう意味でも長谷川京子史上で1番ハマり役だと思います。

長谷川京子の可愛さが圧倒的なせいか、このドラマでは滝沢秀明のカッコよさは封印されている。顔面はもちろん整っていて美形なのですが、どこか頼りないキャラクターが災いしてちっともカッコよく見えない。

小西真奈美が演じた完璧な女と見せかけて、実は嫉妬深くて自信のない女性はとても人間臭くてよかった。

サザンが歌う主題歌が最高。オープニングで、滝沢秀明と長谷川京子が水遊びするシーンが曲に合わせて流れるのですが、その映像がサザンの曲に合っていて見ているとワクワクしました。

というわけで、ドラマ『僕だけのマドンナ』の総合点は、3.5点(5点満点中)です!

僕だけのマドンナ

『僕だけのマドンナ』はこんな人におすすめ

・可愛い長谷川京子が見たい
・年上の女性に振り回されたい
・夏にぴったりの恋愛ドラマが見たい

20代の長谷川京子がとにかく可愛いドラマです。

ドラマ『僕だけのマドンナ』は、動画配信サービスでは視聴ができませんが、DVD化はされています。DVDだと宅配レンタルがおすすめ。初回登録後30日間は無料でお試し可能。

<映画・アニメ・ドラマ見放題・音楽や漫画も宅配レンタル>30日間無料!

タイトルとURLをコピーしました