ドラマ『ムコ殿』感想とあらすじ「笑えるし泣けるし面白いドラマ」

ムコ殿ドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

放送日:2001年4月12日〜6月28日
脚本:いずみ吉紘
主題歌:松任谷由実「7 TRUTHS 7 LIES〜ヴァージンロードの彼方で」
キャスト:長瀬智也・竹内結子・宇津井健・篠原涼子・鈴木杏樹・神木隆之介・秋吉久美子・相葉雅紀・段田安則・つんく

あらすじ

女性に圧倒的な人気を誇るシンガソングライター・桜庭裕一郎(長瀬智也)が、一般女性の新井さくら(竹内結子)と恋に落ち、結婚することになります。

世間には秘密にしたまま極秘結婚をした2人は、最初は周りに反対されてしまいますが、徐々に家族に馴染み、家族の一員として認められていきます。

感想・評価

総合点★★★★☆ストーリー★★★★☆
キャスト★★★★★演技★★★☆☆
胸キュン★☆☆☆☆笑い★☆☆☆☆
音楽★★★★★感動★★★☆☆

■リアリティないけど面白い

トップスターの芸能人と一般女性との極秘結婚というイマイチ現実味のない設定のわりには、感動できるし笑える面白いドラマでした。こうなればいいなあと思った通りに展開が進むので水戸黄門みたいにスッキリします。

■さくら(竹内結子)が可愛い

さくら(竹内結子)がめちゃくちゃ可愛いんですよね。これは裕一郎(長瀬智也)が惚れるのも無理はない。顔面は美人系なのに可愛いし、前髪が邪魔なのかピンでちょこっと留めてるのも可愛い。おでこに手を当てて敬礼するポーズは最高でした。普通なら、あざといなあと感じるところ、さくらの場合あざとさを全く感じない。竹内結子が元々持っている上品さのおかげで、あざとい仕草も嫌味に感じないんだと思う。

■長瀬智也はハマり役

長瀬智也は桜庭裕一郎にハマっていましたね。逆に、桜庭裕一郎を演じれるのって長瀬智也しかいなかったかも。役で歌ってた「ひとりぼっちの歯ブラシ」は名曲です。

■篠原涼子はこういう役が似合う

脇役時代の篠原涼子が、不倫中のキャリアウーマンを演じているのですが、篠原涼子ってこういう早口でまくし立てる役が似合うなあ。ドラマ「カバチタレ!」の警察官役もよかった。今でこそ大物女優になって主役ばっかだけど、個人的には脇役のころの方が演技も上手くて好きです。

>>>ドラマ『カバチタレ!』のあらすじと感想はこちら

■子役時代の神木隆之介

今ではすっかり大人になった子役時代の神木隆之介も見れます。声変わりもしていなくて、くりくりの目がキュート過ぎる。やっぱ人間は子供の頃が1番可愛いなあ。

というわけで、ムコ殿は、ありえない非現実的な話だけど感動するし笑える面白いドラマです。

タイトルとURLをコピーしました