ドラマの感想

ドラマ『ビーチボーイズ』感想とあらすじ「反町隆史と竹野内豊」

2020年5月26日

ビーチボーイズ

概要・キャスト

放送日:1997年7月7日〜9月22日
脚本:岡田惠和
主題歌:反町隆史 with Richie Sambora「Forever」
キャスト:反町隆史・竹野内豊・広末涼子・稲森いずみ・マイク眞木・佐藤仁美・川岡大次郎

あらすじ

女のヒモとして生きる広海(反町隆史)は、女に振られ逃げるように田舎の海にやってきました。広海が行き着いたのは、勝(マイク眞木)が経営する民宿「ダイヤモンドヘッド」でした。

広海と同じく、大企業のエリートサラリーマンの海都(竹野内豊)も仕事のミスによる心の傷を癒すために「ダイヤモンドヘッド」に訪れます。

広海と海都は正反対の性格のため衝突しますが、2人とも「ダイヤモンドヘッド」でバカンスを楽しむことを決めます。

感想

■ 反町隆史と竹野内豊

もう、とにかく反町隆史と竹野内豊のコンビがカッコいいドラマ。

都会からやってきた2人が、海辺の民宿でひと夏を過ごすっていうのんびりしたストーリーで、特に何が起きるってわけでもないんだけど、そこに、反町隆史と竹野内豊がいるだけで、キラキラした最高の夏ドラマになった。

反町隆史と竹野内豊のイケメン具合はエグい。高身長・足長・イケメン・低くて渋い声って2人とも全て揃ってる。まるで2人のプロモーションビデオみたい。

1997年の放送当時は、反町派か竹野内派で女子たちの意見が分かれた。ワイルドな広海(反町隆史)と知的で優しい海都(竹野内豊)。もはやどちらでもいいけど、強いて言えば私は反町派。ワイルドなのがいい。

というか当時、反町隆史23歳、竹野内豊26歳ですよ。今の時代、こんなにも色気がある高身長の20代俳優は見当たらない。

■ 17歳の広末涼子の破壊力

今にして思えば広末涼子の10代の可愛さは異常だった。当時はショートカットの元気な女の子くらいにしか思わなかったけど、今見ると透明感半端なくて妖精みたい。セーラー服姿の破壊力やばい。

というわけで、ドラマ「ビーチボーイズ」は、反町隆史と竹野内豊のイケメン具合がエグいドラマです。

-ドラマの感想
-,