ドラマ『ビーチボーイズ』感想とあらすじ「まるで反町×竹野内のPV」

ビーチボーイズドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ビーチボーイズ』概要・キャスト

放送日:1997年7月7日〜9月22日
脚本:岡田惠和
主題歌:反町隆史 with Richie Sambora「Forever」
キャスト:反町隆史・竹野内豊・広末涼子・稲森いずみ・マイク眞木・佐藤仁美・川岡大次郎

ビーチボーイズを見るなら【FODプレミアム】
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

『ビーチボーイズ』のあらすじ

女のヒモとして生きるチャラ男の広海(反町隆史)と大企業のエリートサラリーマンの海都(竹野内豊)

全く異なる2人の男が、人生の夏休みを求めて田舎の海を目指し偶然に出会い、2人は海辺の民宿で過ごすことを決めます。

『ビーチボーイズ』の感想・評価

ドラマ『ビーチボーイズ』の感想を一言で表すと、「反町隆史と竹野内豊のプロモーションビデオみたい」です。

文句なしのルックス、高身長で脚長、低くて渋い声。こんな外見パーフェクトの2人のコンビはなかなか拝めないです。この2人が画面に出ているだけでずっと見てられる。20年以上も前だと、古臭いんじゃないと思うかもしれないけど、この2人は全く時代を感じず、今いても絶対にモテるはずです。

それぞれのキャラクター設定もすごく良くて全体的にお洒落。自然体な演技で、見る側もリラックスして見れるドラマです。

反町派?竹野内派?

広海(反町隆史)と海都(竹野内豊)は顔やスタイルは似ているけど、性格が真逆。アニメの「タッチ」のたっちゃんとかっちゃんのような感じ。ワイルドな広海とクールな海都のどちらがいいか女性はドキドキしながら楽しんで見れます。

人気絶頂の広末涼子

放送当時17歳だった広末涼子。ショートカットがこんなにも似合う女の子は後にも先にも10代の広末涼子以外いないと思う。とにかく17歳の広末涼子の可愛さの破壊力は凄いです。セーラー服姿の10代の広末涼子が見れるだけでも、このドラマを見る価値あり。

小麦肌の稲森いずみ

それまでは色白のイメージのあった稲森いずみですが、このドラマでは小麦色の肌でとても似合っていました。役柄もかっこよくて憧れる女性も多いはず。

夏の景色が最高

ドラマの舞台が海辺の民宿なので、毎回ドラマには海が出てくる。サーフィン・釣り・屋台・花火など、夏の景色がたくさん見れるから、心がワクワク踊る感じが最高。

暑苦しくない男の友情

ドラマでは、主役2人の男の友情がメインに描かれています。暑苦しすぎず淡白過ぎない男の友情が爽やかで素敵。女性から見ても、こんな友情っていいなと思わせてくれます。

というわけで、『ビーチボーイズ』の総合点は、5点(5点満点)です!

ビーチボーイズ

『ビーチボーイズ』はこんな人におすすめ

・イケメン好き
・夏を感じたい
・10代の広末涼子が見たい

とにかく、反町隆史×竹野内豊の魅力が溢れるドラマです。夏になったら見るべき傑作です。

ビーチボーイズを見るなら【FODプレミアム】
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました