ドラマ『anone』感想とあらすじ「演技の上手い役者が集結」

anoneドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ『anone』概要・キャスト

放送日:2018年1月10日〜3月21日
脚本:坂元裕二
キャスト:広瀬すず・田中裕子・小林聡美・阿部サダヲ・瑛太・火野正平・清水尋也
Huluで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

ドラマ『anone』のあらすじ

ネットカフェで寝泊まりし、日雇いのアルバイトでお金を稼ぎ生活しているハリカ(広瀬すず)は、ネットカフェで一緒に暮らす友人に、大金が入ったバッグが海岸に捨てたれていたと聞き、友人たちと一緒にバッグを探しに行きます。

バッグは見つかったが、友人の1人が裏切り大金を持って逃走してしまいます。その大金を回収しようとする亜乃音(田中裕子)と偶然通りかかった持本(阿部サダヲ)と青羽(小林聡美)とバッグを奪い合うが、最後にはハリカが大金が入ったバッグを手に入れます。

そして、ハリカはそのお金が偽札であることを発見します。偽札によって引き寄せられた4人の人間は、徐々にお互いに必要ななくてはならない存在になっていきます。

ドラマ『anone』の感想・評価

ドラマ『anone』の魅力はなんといっても、実力派役者が勢揃いしているところです。田中裕子・小林聡美・阿部サダヲ・瑛太と日本が認める役者陣。そんな中に広瀬すず。最初はこんな実力者たちの中で1人浮いてしまうんじゃないかと思っていましたが、違和感なく溶け込んでいました。

広瀬すずは少し影のあるミステリアスな少女の役がよく似合う。このドラマでは壮絶な過去を持つ大人びた19歳の役を見事に演じてくれました。第1話から回を追うごとに演技が上手くなっていると思う。正直、私はあまり広瀬すずが好きではなかったのですが、このドラマを見て広瀬すずが好きになりました。

田中裕子はさすがの一言。間違いなく日本を代表する名女優です。このドラマでもあの自然な演技が炸裂。自分を犠牲にして大事な人を守ろうとする優しい母の姿には泣かされます。小林聡美も阿部サダヲも瑛太も安定の存在感。このキャスト見たさに何度も見たくなるドラマです。

ストーリーは、バックグラウンドの異なる4人の人間が偶然出会い、共に生活し始めるのですが、4人の共同生活にはほっこりさせられ、血の繋がらない愛もあるんだと実感させてくれます。

また、小ネタが結構仕込まれていて、特に阿部サダヲが絡む生活シーンは笑えるところが多い。

ただ1点、4人が共同生活をするまでの話が色んなところに飛び、何がテーマなのか分からず途中で見るのを止めようかなと思った。が、4人の共同生活が始まる第5話くらいから徐々に面白くなっていき、最終的に面白かったと思って満足して見終われました。

というわけで、ドラマ『anone』の総合点は、4点(5点満点中)です。

anone

ドラマ『anone』はこんな人におすすめ

・坂元裕二の作品が好き
・演技派役者が揃ったドラマが見たい
・小ネタの多いドラマが好き
・人生について考えたい

実力派役者たちが勢揃いした笑いも感動もあるドラマです。そして、このドラマを見るときっと広瀬すずが好きになるはず。

Huluで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました