ドラマの感想

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』感想とあらすじ「評判通り面白い」

2020年8月29日

逃げるは恥だが役に立つ

概要・キャスト

放送日:2016年10月11日〜12月20日
原作:海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」
脚本:野木亜紀子
主題歌:星野源「恋」
キャスト:新垣結衣・星野源・石田ゆり子・大谷亮平・藤井隆・古田新太・宇梶剛・富田靖子・真野恵里菜

あらすじ

大学院を卒業後、派遣社員として働くみくり(新垣結衣)は、クビを宣告されます。無職となったみくりは、父親から知り合いの家事代行サービスを週1回頼まれます。

雇い主は、京大卒のエリートシステムエンジニアの平匡(星野源)。気難しいが合理的で指示が的確な平匡に雇い主として好感を抱くみくり。

週1回の家事代行の仕事が楽しくなってきたみくりでしたが、両親が田舎に引っ越すことになり、仕事の継続が難しくなります。

事情を平匡に説明し仕事を辞めることになりますが、みくりは辞めたくない気持ちが盛り上がり、平匡に「結婚しませんか?」と口走ってしまいます。

突然のことに驚く平匡でしたが、引越し当日、平匡はみくりに偽装結婚の提案をするのでした。

感想

■ 評判通り

面白いと噂になっているのは知っていたけど見たことがなかったドラマ。そんなに面白いなら第1話だけでも見てみようと思って見始めたら、面白くて最終話までイッキ見。素直に面白かった。

■ 星野源はアリだった

実は私、星野源がどうも苦手で、だから逃げ恥も見てなかったんだけど、見てみると星野源全然アリじゃん。平匡(星野源)が何だか可愛らしくて、みくり(新垣結衣)が好きになった気持ちが分かる気がする。

■ 専業主婦の年収

専業主婦を年収に換算したら304万円というシーンがあって、結構高いんだなと思った。でも考えてみると確かに、食事の用意・洗濯・掃除・買い物など、専業主婦は1日中動きっぱなし。なのに、給料は貰えず昇給もない、契約内容も曖昧。仕事の評価するのは夫のみ。え、超ブラックじゃん。

■ 胸キュンシーン

35歳間彼女がいない平匡と合理的なみくり。よって恋愛がなかなか盛り上がらない。だから、みくりの押しにより何とか恋愛モードに入った2人の胸キュンシーンはやっときたかという感じだった。みくりのベットの中でのセリフ「いちゃいちゃしないの?」はヤバい。新垣結衣にこんなの言われたら心臓破けるかも。

■ 平匡の職場環境

平匡が勤める会社の雰囲気が最高。まず、オフィスが広くて綺麗。明るい休憩所があってそこでお弁当が食べれる。そして楽しくて愉快な同僚たち。さらにフレックスタイムで働けて人間関係も良好。まさに理想的な会社だった。

■ 風見(大谷亮平)が信じられない

付き合うことになった風見(大谷亮平)と百合(石田ゆり子)だけど、どうしても風見が信じられない。百合を好きになる少し前までみくりが好きと言っていたのに。いい奴なのは分かってるんだけど、惚れっぽ過ぎて、今後も他に好きな人ができたとか言いそう。

ということで、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」は、評判通りに面白い恋愛ドラマでした。

-ドラマの感想
-