日本ドラマ

ドラマ『家政婦のミタ』感想とあらすじ「斉藤和義の主題歌いいね」

2020年5月28日

家政婦のミタ

概要・キャスト

放送日:2011年10月12日〜12月21日
脚本:遊川和彦
主題歌:斉藤和義「やさしくなりたい」
キャスト:松嶋菜々子・長谷川博己・忽那汐里・中川大志・綾部守人・本田望結・相武紗季

あらすじ

母親が亡くなったことにより家族が崩壊寸前だった阿須田家に家政婦の三田(松嶋菜々子)がやってきました。

家政婦らしくなく、無表情でミステリアス、言われたことは何でも「承知しました」と言い従います。

そんな彼女に最初は戸惑う阿須田家ですが、家政婦の三田が家族の心を救い、徐々に家庭が再生されていきます。

そして、家政婦の三田は、阿須田家にとってなくてはならない存在になっていきますが、彼女はなかなか阿須田家には心を開こうとしません。実は彼女が無表情になってしまったのには理由があったのです。

感想

■ 三田さんいいな

家政婦の三田さん(松嶋菜々子)がとてつもなく頼りになる。余計なことは言わないのに、ちゃっかりと家族の問題を解決してくれるし。たまに話せば物事の本質を突いていて理屈通ってるし。めちゃくちゃ綺麗だし、三田さんみたいな家政婦さん欲しい。

■ クズだけどモテる

阿須田家の大黒柱である恵一(長谷川博己)のクズっぷりはヤバい。

本当は結婚したくなかったけど彼女が妊娠して仕方なく結婚、それから追加で3人の子供を授かり、4人の子供の父親になったにも関わらず不倫。さらには不倫相手を本気で好きになってしまう。そしてなんと不倫相手と一緒になるために妻に離婚届を差し出す。その翌日に妻が自殺して亡くなってしまう。子供に「好き?」と聞かれて「好きか分からない」と言ってしまう始末。最低だ。

ただ、恵一は女性にモテるタイプだと思う。なんだか放っておけない、母性をくすぐられるのです。それが証拠に、義妹のうらら(相武紗季)も恵一のことを好きになっている。イケメンのポンコツって女の母性を刺激しまくるんですよ。

■ 演技がな...

阿須田家の子供達4人のセリフが棒読みだった点が残念だった。松嶋菜々子の怪しさも長谷川博臣のクズっぷりも相武紗季のウザイ感じもとてもよかったのですが、子供が4人もいることにより少し安っぽいドラマに見えてしまった。男の子2人についてはキャラ被ってて区別つかない。子供3人くらいの設定の方がよかったかも。

■ 主題歌いいね

斉藤和義が歌う主題歌よかった。エンディングで流れるんだけど、いいところでタイミング良く流れるから、ドラマが盛り上がる。

というわけで、ドラマ『家政婦のミタ』は、 です。

-日本ドラマ