ドラマ『プライド』感想とあらすじ「全盛期のキムタクがかっこいい」

プライドドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『プライド』概要・キャスト

放送日:2004年1月12日 – 3月22日
脚本:野島伸司
主題歌:クイーン「I Was Born To Love You」
キャスト:木村拓哉・竹内結子・坂口憲二・佐藤隆太・市川染五郎・滝沢沙織・石田ゆり子・佐藤浩一・中越典子・MEGUMI

ドラマ『プライド』が視聴できる動画配信サービス▼
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
※ 現時点では配信されていますが、配信状況は予告なく変わります。

『プライド』のあらすじ

実業団のアイスホッケーチームに所属するハル(木村拓哉)は、アイスホッケーに情熱を注ぎキャプテンとしてチームを引っ張る存在だが、恋愛に関しては誰も本気で愛さずゲームとしてしか捉えていません。

そんなある日、ハルは、チームを擁する会社のOLの亜紀(竹内結子)と出会います。2年前に渡米し音沙汰のない彼を待っている亜紀。そんな亜紀にハルは本気で惹かれていき、亜紀もまたハルに惹かれます。

ですが、亜紀には待っている彼がいるため、ハルは、彼がアメリカから帰ってくるまで、ゲームのように付き合わないかと提案します。

『プライド』の感想・評価

キムタクこと木村拓哉が史上最高にカッコいいドラマ。役柄・顔・髪型・衣装など全て最高です。あんなのが近くにいたら惚れない女はいないと思う。

見ていると鳥肌が立つくらいに小っ恥ずかしいセリフとか胸キュンシーンが多いけど、木村拓哉と竹内結子の美男美女だから見れました。

ただ、木村拓哉が演じる主人公の口癖の「メイビー」だけはどうしても受け入れられなかった。いくら木村拓哉でも「メイビー」は言わないで欲しい。かっこいいと思って作ったセリフだと思うけど正直ダサい

木村拓哉もかっこいいけど、竹内結子も素敵。竹内結子って美人なイメージが強いけど、よく見ると可愛い。ドラマ「ランチの女王」から顔変わってないし老化知らずです。古き良き時代の亜紀役は竹内結子で正解。亜紀のあの落ち着いた話し方や汚れを知らない心には憧れる。こんな女性を目指そうと思わせくれる女性でした。

木村拓哉と竹内結子以外のキャストも美男美女が勢揃いしています。というより、美男美女以外はいないかも。

アイスホッケーチームに、木村拓哉・坂口憲二・佐藤隆太・市川染五郎たちがいて、コーチが佐藤浩一ってやばいイケメンホッケー集団。そして、周辺には、竹内結子・滝沢沙織・石田ゆり子・中越典子とこれまた美女たち。見ているだけでいい気分になれます。

ストーリーは面白い。ハルと亜紀の関係がどうなるのかワクワクドキドキして見ました。最後はハッピーエンドでよかった。

主題歌にクイーンの「I Was Born To Love You」を選んだのも良し。この歌のおかげでドラマがかなり盛り上がります。

というわけで、『プライド』の総合点は、5点(5点満点中)です!

プライド

『プライド』はこんな人におすすめ

・キムタクが好き
・可愛い竹内結子が見たい
・胸キュンドラマが見たい

キムタク全盛期のラブストーリー。おすすめです。

ドラマ『プライド』が視聴できる動画配信サービス▼
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
※ 現時点では配信されていますが、配信状況は予告なく変わります。
タイトルとURLをコピーしました