ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』感想とあらすじ「とにかく面白い!」

池袋ウエストゲートパークドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

放送日:2000年4月14日〜6月23日
原作:石田衣良の小説
脚本:宮藤官九郎
主題歌:Sads「忘却の空」
キャスト:長瀬智也・加藤あい・窪塚洋介・山下智久・佐藤隆太・阿部サダヲ・きたろう・森下愛子・渡辺謙・妻夫木聡・坂口憲二・高橋一生・小雪・矢沢心・酒井若菜・須藤公一

『池袋ウエストゲートパーク』を見る方法は、現在、視聴できる動画配信サービスはないため、DVDのみです。DVDだと宅配レンタルがおすすめ。お試し期間は無料でレンタル可能です。
今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

あらすじ

東京・池袋で生まれ育った誠(長瀬智也)は、高校を卒業してから実家の果物屋を手伝いつつ、池袋西口公園付近で遊びながら過ごしています。

誠の周りではトラブルや事件が多く、それを解決するというトラブルシューターの役目を面倒臭いながらも結果的に担い、ギャング・ヤクザ・警察を巻き込み、誠がトラブルや事件を解決していきます。

感想・評価

『池袋ウエストゲートパーク』は、宮藤官九郎作品の中でもトップクラスに面白い

独特な間の取り方やセリフや小ネタなど、とにかくセンスがいい!クドカンワールドが炸裂しているドラマです。

もうかれこれ放送から20年近く経っているドラマですが、全く色褪せません。

時代を感じるというなら単音の着信音の携帯電話が懐かしいって思うくらいでしょうか。

あと、女子高校生がその当時流行ったルーズソックスを履いてたりするくらい。それ以外は今見ても古臭さは感じません。

実は、池袋ウエストゲートパークは、元々は小説で、小説をドラマ化しているのですが、キャラクター設定やセリフはそれぞれ異なり、ドラマでは小ネタが沢山仕込まれています。

ドラマの中に仕込まれた小ネタはめちゃくちゃ面白く、聞き逃したくない面白いセリフが多い

>>>池袋ウエストゲートパークの名言集はこちら

そして、このドラマを語る上で欠かせないのが窪塚洋介が演じたキング。放送当時の10代の若い男の子からの人気は凄まじかったです。

ちょっと悪い若い男の子が絶対憧れるよねってのが詰まった男で、かっこいい・面白い・強いの3拍子揃ってる。金髪の爆発ヘアに、白のタンクトップに白のダボダボのズボン、寒い時は青のチェックの上着を着るというキングの格好を真似する若者がたくさん出没してましたよ。

というわけで、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』の総合点は、5点(5点満点中)です!控えめに言ってスーパー面白いです。

IWGP

こんな人におすすめ

・面白いドラマが見たい
・宮藤官九郎の作品が好き
・ハマるドラマを探している

とにかく面白いドラマなのでかなりおすすめです。10年以上前のドラマですが、色褪せることなく今見ても面白い名作です。

『池袋ウエストゲートパーク』を見る方法は、現在、視聴できる動画配信サービスはないため、DVDのみです。DVDだと宅配レンタルがおすすめ。お試し期間は無料でレンタル可能です。
今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」
タイトルとURLをコピーしました