ドラマ『元カレ』感想とあらすじ「元彼と今彼の三角関係の物語」

元カレドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ『元カレ』概要・キャスト

放送日:2003年7月6日〜9月14日
脚本:小松江里子
主題歌:KinKi Kids「薄荷キャンディー」
キャスト:堂本剛・広末涼子・内山理名・天野ひろゆき・ソニン・斉藤祥太

ドラマ『元カレ』は、動画配信サービスでは見れないので、DVDを借りて見る方法しかないです。DVDを借りるなら、自宅にいながらにしてDVDを借りれる「ゲオ宅配レンタル」が便利でおすすめです。

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ドラマ『元カレ』のあらすじ

百貨店食品部の惣菜部門マネージャーとして働いている東次(堂本剛)には、同じ会社の同期でエレベーターガールをしている彼女(内山理名)がいます。2人とも入社3ヶ月目の初々しい新人で、新人社員の研修で知り合って付き合うようになりました。

そんなある日、東次の部署の広告の担当として、大学時代に付き合っていた真琴(広末涼子)が現れます。東次は、突然の再会に動揺を隠せず混乱します。

ドラマ『元カレ』の感想・評価

前の彼氏のことが忘れられない女と、今の彼氏を元カノに取られそうで不安な女、そんな彼女達の間で揺れ動く男。3人の気持ちが丁寧に繊細に描かれていて、辛い恋をしたことのある女性なら誰しも共感できるドラマです。

ただ、堂本剛の演じる優柔不断な主人公の男にはイライラさせられっぱなしでした。結局は自分が傷つきたくないだけじゃんと女性は思ってしまう。ただ、主人公のような男性は、女性の母性をくすぐるタイプでモテるのは分かる気がする。

堂本剛の演技はやはりいいですね。普段は関西弁の堂本剛が、役に合わせて標準語を使っているが全く違和感なし。最近はあまりドラマには出演していないけど、またどんどん出てほしい。

ドラマ『元カレ』の見どころはやはり「東次は今カノと元カノのどちらを選ぶのか?」というところ。

第1話から、押しの強い今の彼女にアピールされて、なんとなくで付き合ってるんだなというのが分かる。大学時代に本気で好きだった前の彼女がまだ忘れられないという自分の気持ちには気づいているはずなのですが、優柔不断過ぎて、今の彼女を振ることができずズルズル付き合っている感じ。主人公のこの優柔不断さにイライラしつつも「最後はどっちを選ぶの?」とドキドキします。

というわけで、ドラマ『元カレ』の総合点は、4点(5点満点中)です。

元カレ

ドラマ『元カレ』はこんな人におすすめ

・三角関係のドラマが見たい
・堂本剛が好き
・胸キュンしたい

堂本剛や内山理名やソニンなど、最近は露出が少なくなった人たちが出演しているので、懐かしむのもありですね。

ドラマ『元カレ』は、動画配信サービスでは見れないので、DVDを借りて見る方法しかないです。DVDを借りるなら、自宅にいながらにしてDVDを借りれる「ゲオ宅配レンタル」が便利でおすすめです。

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

タイトルとURLをコピーしました