ドラマ『3年B組金八先生 第7シリーズ』感想とあらすじ「中学生の薬物使用」

3年B組金八先生 第7シリーズドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『3年B組金八先生 第7シリーズ』概要・キャスト

放送日:2004年10月15日〜2005年3月25日
脚本:小山内美江子/清水有生
主題歌:海援隊「初恋のいた場所」
キャスト:武田鉄矢・高畑淳子・星野真里・佐野泰臣・茅島成美・森田順平・金田明夫・山崎銀之丞・小西美帆
(3年B組生徒キャスト)
濱田岳・福田沙紀・八乙女光・黒川智花・冨浦智嗣・上脇結友・薮宏太・石田未来・鮎川太陽・岩田さゆり

※『3年B組金八先生 第7シリーズ』はParaviで視聴可能です。

『3年B組金八先生 第7シリーズ』のあらすじ

教育委員会に移動していた金八先生(武田鉄矢)が2年振りに桜中学へ帰ってきます。花子先生の産休中の代理担任として3年B組を受け持つことになった金八先生ですが、言うことを聞かない史上最悪の3年B組に手を焼きます。そんな時、3年B組に知的障害を抱えた女子生徒が転校してきます。

『3年B組金八先生 第7シリーズ』の感想と評価

第7シリーズは、第6シリーズまでとは一味違う印象。生徒たちが今までとは違って一筋縄ではいかない。最初の数話は金八先生がかなり悪戦苦闘していて可哀想で仕方がなかった。でもそこはやはり金八先生。第6シリーズでも、ここぞという時にビシッと決めてくれて生徒の心を鷲掴みしました。

第7シリーズの1番の山場は、やはり、3年B組の生徒・丸山シュウのドラッグ事件です。中学生が薬物使用して学校に警察が乗り込んできて逮捕されるという、実際にあったらYahoo!のトップニュースに載るくらいの衝撃事件が起きるのです。薬物使用が発覚した時の金八先生の涙の授業はシーンはドラマ史上でも記憶に残る大感動のシーンです。

この丸山シュウという生徒ですが、3年B組金八先生史上最悪に家庭環境が悪い。見ていて心が苦しかった。どんな環境かというと、父親がチンピラに薬漬けにされ、母親には暴力を振るわれるという保護必至の状態。第5シリーズの兼末健二郎の家庭環境の比ではない。そして父親を探しているチンピラが恐怖過ぎる。中学生にも容赦ないし、それに顔が本気で怖かった。

文化祭で踊ったソーラン節はとっても良かった。歴代3Bのソーラン節の中でダントツにいい!金八に反発していた3Bがソーラン節を成功させることで金八を見返すということだったけど、大感動!このソーラン節のシーンはぜひ見てほしい。

第7シリーズの挿入歌が平原綾香のjupiterで、いいタイミングで曲が流れるものだから涙が倍増。この歌の挿入で泣かせにきているなと思いながらも何度も号泣するシーンがありました。ソーラン節を踊り終えたシーンでjupiterを流すのは反則。あれで泣かない人はいないのでは。

また、第7シリーズは愛おしい生徒が多かった。特に濱田岳が演じた伸太郎は、演技力も相まって魅力的なキャラクターでした。

というわ家で、『3年B組金八先生 第7シリーズ』の総合点は、5点(5点満点中)です!

3年B組金八先生

『3年B組金八先生 第7シリーズ』はこんな人におすすめ

・面白い金八先生シリーズが見たい
・感動するドラマが見たい
・教育に関するドラマが見たい

歴代の3年B組金八先生シリーズの中でもおすすめのシリーズです。

※『3年B組金八先生 第7シリーズ』はParaviで視聴可能です。

タイトルとURLをコピーしました