ドラマ『3年B組金八先生 第6シリーズ』感想とあらすじ「内容がハード」

金八先生ドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

放送日:2001年10月11日〜2002年3月28日
脚本:小山内美江子
主題歌:海援隊「まっすぐのうた」
キャスト:武田鉄矢・星野真里・佐野泰臣・山崎銀之丞・深江卓次・金田明夫・森田順平・小西美帆・高畑淳子
3年B組生徒キャスト:上戸彩・斉藤祥太・本仮屋ユイカ・佐藤めぐみ・平愛梨・増田貴久・東新良和・加藤成亮・中尾明慶

あらすじ

金八先生(武田鉄矢)が担任の3年B組に2人の転校生がやってきます。2人は無口でなかなかクラスに溶け込もうとしない。そんな時、金八先生の息子の幸作(佐野泰臣)の癌が発覚します。危篤の息子を心配しながらも、金八先生は3Bのクラスの生徒の問題と向き合っていきます。

感想・評価

総合点★★★★★ストーリー★★★★★
キャスト★★★★★演技★★★★☆
胸キュン☆☆☆☆☆笑い★☆☆☆☆
音楽★★★★★感動★★★☆☆

■弟1話から問題続出で内容が重い

第6シリーズは1つ1つの内容がハード。第1話から結構ヘビーで、生徒の抱えている問題がエグいのに加えて幸作(佐野泰臣)の癌が発覚する。幸作の癌が発覚した時の金八先生(武田鉄矢)は可哀想で見てられなかった。

1番重いのは、姉が強姦されて殺害され、その犯人の少年を父親が殺して服役中という環境にいる成迫政則(加藤成亮)の問題。これは担任の先生にどうにかできる問題ではない。警察が解決する問題です。他の生徒たちの家庭問題もハード過ぎ。幸作が危篤という状況で、いくら金八先生でもキャパオーバーです。

■3Bの生徒が個性豊か

第6シリーズの生徒たちは個性の強さが目立つ。3Bシリーズの中でも濃い生徒が集まっていた。そして、血の気が多くて暴力シーンも多い。特に、ミッチー(川嶋義一)は一筋縄ではいかなくて、3B史上でもなかなかの曲者だったんじゃないかな。

■性同一性障害を取り扱った初めてのドラマ

日本のドラマで初めて性同一性障害について取り扱っています。私もこれを見るまでは、性同一性障害についてよく知らなかったけど、ドラマを見て知ることができてよかったと思っている。

■上戸彩の存在感はこの頃から凄い

キャストは、斉藤祥太・本仮屋ユイカ・平愛梨・中尾明慶など、後々有名になる人たちがたくさん出ています。

そして金八先生の第6シリーズと言えば、トランジェスター役を演じた上戸彩。まだまだ無名の頃ですが既に存在感すごいです。顔もめちゃくちゃ可愛いし。1人だけスターのオーラを隠しきれてない。

というわけで、3年B組金八先生第6シリーズは、内容重いけどやっぱり安定して面白かったです。

タイトルとURLをコピーしました