ドラマ『中学聖日記』感想とあらすじ「スキャンダラス感のない禁断の愛」

中学聖日記ドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

放送日:2018年10月9日〜12月18日
脚本:金子ありさ
主題歌:Uru「プロローグ」
キャスト:有村架純・岡田健史・町田啓太・吉田羊・小野莉奈・友近・夏川結衣

『中学聖日記』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ

婚約者のいる中学校の先生(末永聖・有村架純)に、不思議な魅力を持つ生徒(黒岩晶・岡田健史)が恋をします。素直に自分の気持ちをぶつけてくる晶に聖はどんどん惹かれていきます。

最初は、世間の目を気にして自分の気持ちに気付かないフリをする聖ですが、自分の気持ちが抑えられず、遂に2人の関係が進展します。

そんな2人の関係は周囲に邪魔され、引き離されてしまいます。引き離された2人ですが、周囲の邪魔にも負けず懸命に生き、純愛を貫き通します。

感想と評価

先生と生徒の恋愛で、周囲から反対され世間の目も厳しいという内容だと、ジトジトした雰囲気のドラマになりそうだけど、「中学聖日記」は爽やかな恋愛ドラマという感じです。

理由は、まずは有村架純の圧倒的な癒しのオーラ。そして性的な部分が描かれていないこと。
この2つのおかげで、女教師と中学生という関係のスキャンダラス感がないからだと思います。

年齢差も全く感じず気持ち悪さはなし。岡田健史が大人びた顔立ちをしているのと身長が高いというのも大きい。良い意味でも悪い意味でも、先生と生徒に見えません。

ストーリーは、まずは生徒が先生を好きになり、そのうち先生も生徒に惹かれて、禁断の恋が始まるというもの。

浜辺でキスしたりとか自転車2人乗りとか胸キュンシーンもたくさんあって嬉しい

有村架純が演じる先生は、あまり気持ちを表さないキャラなので、先生の気持ちが爆発したときは見ているこちらもドキドキする。先生が黒岩くん(生徒)に自分の気持ちを告げたシーンはとても良かった。

あと、有村架純が着ている服や髪型がめちゃくちゃ可愛い。シンプルなんだけどフワッとしていてたまにエロい。そういう意味で有村架純を見るだけでも、このドラマを見る価値ありかも。

ちなみに、同じような設定のドラマに「魔女の条件」があります。
同じ10歳差の先生と生徒の恋愛ですが、「魔女の条件」が親子感が半端ないのに対して、「中学聖日記」は年齢差を感じさせません。

>>>ドラマ『魔女の条件』のあらすじと感想はこちら

というわけで、ドラマ『中学聖日記』の総合点は、4点(5点満点中)です。

中学聖日記

こんな人におすすめ

・先生と生徒の恋愛ドラマが見たい
・可愛い有村架純が見たい
・純愛に憧れる
・キュンキュンしたい
・切ない恋愛ドラマに浸りたい

先生と生徒の恋愛ストーリーですが、ドロドロしていないので爽やかに見ることができます。純愛ドラマが好きな方はぜひ。

『中学聖日記』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました