ドラマの感想

ドラマ『さよなら、小津先生』感想とあらすじ「感動するし面白い」

2021年5月19日

さよなら小津先生

概要・キャスト

放送日:2001年10月9日〜12月18日
脚本:君塚良一
主題歌:aiko「おやすみなさい」
キャスト:田村正和・ユースケサンタマリア・瀬戸朝香・西田尚美・小日向文世・大杉漣

あらすじ

ニューヨークで働く超エリート銀行マンの小津(田村正和)は、賄賂の罪で逮捕され職を失ってしまいます。出所して日本に帰国した小津は、就職活動を始めるがどこも採用してくれず再就職に苦戦。そんな時、同期の鳥谷(大杉漣)から高校教師の仕事を紹介されます。

とりあえず臨時の仕事として高校教師になった小津は、何事にも無気力な生徒たちを見て呆れます。

そして、小津はほとんど活動していないバスケ部の顧問になり、バスケ部の生徒たちと向き合うこととなります。

感想

■ 小津先生(田村正和)が素敵

小津先生(田村正和)に魅了されたドラマでした。お茶目でワガママ、憎まれ口ばかり叩くけど実は熱くて優しい。どこか寂しげで悲しそうな雰囲気に惹かれた。ツンデレっぷりもいい。

小津先生のセリフは、大きな挫折をしたことのある人間から発せられる重みのある言葉で心に響いた。生徒たちを思う小津先生の気持ちには感動した。

■ 田村正和×ユースケサンタマリア

田村正和×ユースケサンタマリアのの掛け合いが面白い。古畑任三郎の西村雅彦とのコンビを彷彿させる名コンビだった。

■ 生徒役は現在活躍中の俳優たち

生徒役が今考えると豪華。森山未來・瑛太・勝地涼など、現在活躍している俳優たちだった。20年前のドラマなのに見た目そんなに変わってなくてすごい。

というわけで、ドラマ「さよなら小津先生」は、田村正和が演じる小津先生に魅了されるドラマです。

-ドラマの感想
-