ドラマ『オレンジデイズ』感想とあらすじ「こんな大学生活に憧れる」

オレンジデイズドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

放送日:2004年4月11日〜6月20日
脚本:北川悦吏子
主題歌:Mr.Children「Sign」
キャスト:妻夫木聡・柴咲コウ・白石美帆・成宮寛貴・瑛太・小西真奈美・風吹ジュン

あらすじ

ごく普通の大学4年生の櫂(妻夫木聡)は、キャンパス内でバイオリンを弾いていた沙絵(柴咲コウ)と仲良くなります。沙絵は、4年前に聴覚を失っており心を閉ざしてしまっていましたが、櫂と仲良くなることで徐々に心を開いていきます。

初めは、友達として仲が良かった櫂と沙絵ですが、次第にお互い惹かれあっていくようになります

感想・評価

こんな大学生活送りたい!って思わせてくれるキラキラした青春ドラマ。女2人・男3人のグループでいつも一緒でとても仲良し、そしてその中でカップルが誕生してって夢のようなキャンパスライフストーリーです。

妻夫木聡と柴咲コウのお互い想い合っているのになかなか上手くいかない若者の恋愛模様にはドキドキ。こんな恋愛したいなあと思わせてくれます。

今、高校生でこれから大学へ行こうって人は、夢が膨らんでワクワクしちゃいますよ。

キャストは最高。妻夫木聡と柴咲コウの演技は上手いし、成宮寛貴の色気、瑛太の雰囲気など、全員よかったです。

Mr.Childrenの主題歌もドラマとマッチしていてとても良し。

というわけで、『オレンジデイズ』の評価は、4.5点(5点満点中)です。

タイトルとURLをコピーしました