ドラマの感想

ドラマ『オレンジデイズ』感想とあらすじ「キラキラし過ぎの大学生活」

2021年3月23日

オレンジデイズ

概要・キャスト

放送日:2004年4月11日〜6月20日
脚本:北川悦吏子
主題歌:Mr.Children「Sign」
キャスト:妻夫木聡・柴咲コウ・白石美帆・成宮寛貴・瑛太・小西真奈美・風吹ジュン

あらすじ

ごく普通の大学4年生の櫂(妻夫木聡)は、キャンパス内でバイオリンを弾いていた沙絵(柴咲コウ)と仲良くなります。沙絵は、4年前に聴覚を失っており心を閉ざしてしまっていましたが、櫂と仲良くなることで徐々に心を開いていきます。

初めは、友達として仲が良かった櫂と沙絵ですが、次第にお互い惹かれあっていくようになります。

感想

■ 絵に描いたような大学生活

このドラマを見た中学生や高校生は、早く大学生になってこんなキラキラしたキャンパスライフを送るんだと夢を抱かせるドラマ。

女2人・男3人のグループでいつも一緒でとても仲良し、そしてその中でカップルが誕生してって漫画やん。現実にガッカリしたくないなら、中学生や高校生はこのドラマを見ない方がいいかな。

胸キュンシーン多い

大学生の恋愛ということで、初々しい胸キュンシーンがたくさん。友達から始まった沙絵(柴咲コウ)と櫂(妻夫木聡)の恋模様は、ウズウズしてドキドキして楽しめた。

特に、櫂の海辺での沙絵への告白シーンは鳥肌。耳の聞こえない沙絵に、大声で「口も性格も悪いけど、好きだー!」って叫ぶシーン。実際に自分がこんな告白のされ方されたら恥ずかしくて嫌だけど、このドラマではなかなかの胸キュンだった。

■ 沙絵(柴咲コウ)にイライラ

沙絵(柴咲コウ)がなかなかのワガママ娘でイライラした。不器用な性格なのはいいとしても自分勝手過ぎる。

ただ、第8話の告白シーンで人前で手話をする櫂(妻夫木聡)に「あなたも聴覚障害だと思われて笑われるのが嫌だ」と言った時に、沙絵がそんな風に思っていたと分かり、イライラした自分を反省した。

そんな沙絵のワガママにも優しく接する櫂はとてもいい男だった。手話できて、男らしいし、嘘つかないし、優しいし、顔かっこいいし、最高だな。

■ ミスチルの主題歌最高!

ミスチルの主題歌「Sign」がドラマとマッチしていて凄くいい。あと、海に向かう車の中でオレンジレンジの「上海ハニー」を手話で歌ってるシーンよかったなあ。

というわけで、ドラマ「オレンジデイズ」は、キラキラした大学生活が妄想できるドラマです。

-ドラマの感想
-,