ドラマの感想

ドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』感想とあらすじ「普通に面白い」

2020年10月14日

マイボスマイヒーロー

概要・キャスト

放送日:2006年7月8日〜9月16日
原作:韓国映画「マイ・ボス マイ・ヒーロー」
脚本:大森美香
主題歌:TOKIO「宙船(そらふね)」
キャスト:長瀬智也・新垣結衣・手越祐也・村川絵梨・岩城滉一・もたいまさこ・田中聖・市村正親・大杉漣

あらすじ

ヤクザの組長を父親に持つ真喜男(長瀬智也)は、喧嘩は強いが、頭が弱くまともに計算もできません。

ある日、真喜男は、香港での取引に失敗し、組に大きな損害を与えてしまい父親である組長(市村正親)に激怒されてしまいます。そして組長は、真喜男に高校に編入して卒業するように命じます。

自分の身分を隠し歳をさば読んで高校に入学した真喜男。最初は高校生活に馴染めなかったが、徐々に高校生活で青春を満喫するようになります。

感想

■ ギャグドラマ

現実離れした設定とストーリーだけど、何だかめちゃくちゃ面白い。ストーリーが面白いというより、キャラクターがいい味出してる。ギャグセンスも面白い。キャストにも無駄がなく、キャラクターにより面白く仕上がったドラマですね。

■ キャストいいね

長瀬智也って真喜男みたいな役柄似合うなあ。池袋ウエストパークしかり、俺の家の話しかり。誰がどう見ても顔面カッコいいし、高身長でスタイルもいいんだけど、おバカな役を演じるとイケメンに見えないところが凄い。

真喜男が、桜小路って苗字が読めなくて、桜小路(手越祐也)のことを「桜なんとか」と呼ぶのは毎回面白かった。チャラチャラしていない手越祐也もよいな。というか、あんな気が弱い手越祐也はなかなか見れないからレア。

あとは、新垣結衣の可愛さよ。ツインテールの制服姿は反則。髪の毛のサラサラツヤツヤ具合もすごいし。ほんとに天使みたい。

ということで、ドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」は、キャストが最高な面白いギャグドラマです。

-ドラマの感想
-