映画『ユージュアル・サスペクツ』感想とあらすじ「ラスト衝撃過ぎ」

ユージュアルサスペクツ映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ユージュアル・サスペクツ』概要・キャスト

公開日:1996年4月13日
監督:ブライアン・シンガー
脚本:クリストファー・マッカリー
製作国:アメリカ
キャスト:ケビンスペイシー・チャズパルミンテリ・ガブリエルバーン・スティーヴンボールドビン・ベニチオデルトロ・ケヴィンポラック
Huluで試聴する Amazonプライムで試聴する U-NEXTで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

『ユージュアル・サスペクツ』のあらすじ

銃を持った謎の男が、船の上で数人を殺した後、船が爆発。その後、謎の男に撃たれ殺されたと思われる数名の死体が発見されます。

爆発した船は、コカイン密輸船で、マフィアの抗争によるものだと推定されました。

船の中でただ1人生き残ったキント(ケビン・スペイシー)は、関税局捜査官のクイヤン(チャズ・パルミンテリ)に尋問を受けます。キントは、事件の真相をクイヤンに話始めます。

『ユージュアル・サスペクツ』の感想と評価

今まで見た映画の中のトップオブ面白いどんでん返し映画

ラストは本当の衝撃でした。

ラストのラストで背筋がゾゾゾッとした。まさかまさかの展開。まんまと騙された。最後の1分で全てが覆されたのです。この映画は最後の1分を見るためにある映画です。

ラストの衝撃で、それまで見てきた2時間の内容がすっ飛びました。なので感想は本当にビックリしたとしか言えない。どんでん返しが好きな方は必見の映画です。

というわけで、『ユージュアル・サスペクツ』の総合点は、5点(5点満点中)です!

ユージュアルサスペクツ

『ユージュアル・サスペクツ』はこんな人におすすめ

・どんでん返し映画が好き
・ビックリする映画が見たい
・面白い洋画が見たい

何十年経っても色褪せない好きな映画のひとつ。かなりおすすめです。

Huluで試聴する Amazonプライムで試聴する U-NEXTで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました