映画『スリーパーズ』感想とあらすじ「華麗なる復讐劇と熱い友情」

スリーパーズ映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:1997年4月12日
監督/脚本:バリー・レヴィンソン
製作国:アメリカ
キャスト:ジェイソンパトリック・ブラッドピット・ロンエルダード・ビリークラダップ・ミニードライバー・ロバートデニーロ・ダスティンホフマン・ケビンベーコン・ビットリオガスマン

『スリーパーズ』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ

シェイクス・マイケル・ジョン・トーマスは、仲良しの4人の少年たち。ある日、4人はホットドッグの屋台を盗み、通行人に大怪我をさせる事件を起こしてしまう。

この事件が原因で4人は少年院に入ることに。そこで待ち受けていたのは、看守による壮絶な暴力と性的虐待だった。収監された半年から1年間を耐え忍ぶ4人。

そして、少年院を出て大人になった4人はそれぞれの人生を歩んでいた。そんなある日、ジョン(ロン・エルダード)とトーマス(ビリー・クラダップ)が、少年院で自分たちを虐待していたノークスに偶然再会する。迷わずノークス(ケビン・ベーコン)を射殺したジョンとマークス。

シェイクス(ジェイソン・パトリック)とマイケル(ブラッド・ピット)は、2人を無罪にして、さらに少年院での出来事を告発し、元看守たちに復讐しようと周囲の協力を得て奮闘する。

感想・評価

実話か否か物議を醸す問題作

ニューヨーク州青少年矯正機関とマンハッタン地区検察局は実話ではないと実話説を否定しているけど、原作小生の作者・ロレンツォ・カルカテラは実話だと主張しているようです。確かにアメリカなら実話でもおかしくない。

実話だとしたら笑えない話だけど、華麗なる復讐劇と熱い友情が見どころの映画。

少年院に収監されていた少年たちに暴行や性的虐待を繰り返した元守全員に、少年たちが大人になってから倍返しを食らわすのです。

1人残らずしっかり復讐を果たすところがスッキリ。

裁判が無罪となり、最後に4人で集まり乾杯するシーンは最高でした。

決してお涙頂戴を目指しているわけではない映画ですが、物凄く感動しました。

また、4人に協力する4人を少年の頃から知っている大人達の優しさに心が温まった。

ストーリーはシンプルだけど、しっかりまとまっていて見やすい。展開も早く内容がぎっしり詰まった映画です。

豪華なキャスト陣にも注目。この映画のブラッドピットはかっこいい。ロバートデニーロは言わずもがな。ケビンベーコンの最低な看守役もハマっていました。

随分と前の映画だけど、今見ても面白い傑作品。これからも語り継がれる映画だと思います。

というわけで、『スリーパーズ』の総合点は、5点(5点満点)です!

スリーパーズ

こんな人におすすめ

・友情物語が好き
・復讐劇が好き
・豪華なキャストの映画が見たい

おすすめの洋画のひとつです。見るか迷っている方はぜひ見てください。

『スリーパーズ』を見る方法は、U-NEXTの31日間無料トライアルの利用がおすすめです。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました