映画の感想

韓国映画『パラサイト 半地下の家族』感想とあらすじ「まさにパラサイト」

2020年10月28日

パラサイト

概要・キャスト

公開日:2020年1月10日
監督:ポンジュノ
製作国:韓国
キャスト:ソンガンホ・チェウシク・パクソダム・チャンヘジン・イソンギュン・チョヨジョン・チョンジソ・チョンヒョンジュン・イジョンウン・パクミョンフン・パクソジュン

あらすじ

キム一家は、内職などで何とか生活をしているが、薄汚れた半地下で貧しい暮らしをしていました。

そんなある日、一家の長男のギウ(チェウシク)の友人であるミニョク(パクソジュン)が留学する間、高級住宅街に住むパク一家の長女のダヘ(チョンジソ)の家庭教師を託されます。

ダへの家庭教師を始めて信頼を得たギウは、パク家の長男の絵の家庭教師として姉のギジョン(パクソダム)を紹介。パク家で働き始めたギジョンは、運転手がクビになるよう陥れ、父のギテク(ソンガンホ)を運転手として雇うよう仕向けます。

そして、長年パク家の家政婦を務めたムングァン(イジョンウン)まで追い出し、母のチュンスク(チャンヘジン)も家政婦としてパク家で働き始めます。一家全員で高級住宅街で働き始めましたが、思いがけない展開が4人を待ち受けるのです。

感想

■ まさにパラサイト

半地下で暮らす貧乏一家が、大金持ちのパク家に寄生する話。あの手この手を使って家族全員が寄生する様子はまさにパラサイトだった。騙されているとも知らずに半地下一家を信用するパク家は、平和ボケしているというかマヌケというか。パク家を騙す半地下一家は意地汚さMAXで見てて気持ちいいものじゃない。

■ 結末が想像以上に悲しい

前半は、半地下一家の見事な戦略でどんどんパク家を乗っ取っていく様子がワクワクするのだけど、後半は思いも寄らないシリアスな展開になっていく。半地下一家の嘘がどんな風にバレるのかと思っていたけど、想像以上に悲しい結末だった。

■ 画面からニオイがしてきそう

下水やカビや服の生乾きのニオイなどが入り混じった感じのニオイが想像でき過ぎて、半地下の家や一家から画面越しにニオイがしてきそうだった。

■ 韓国に実際にある半地下

大雨が降って半地下の家が水浸しになってしまったときの水の色が濁った茶色でドブ状態だった。そんな危険なところに韓国では本当に人が住んでいるのかと思ったら、本当だった。半地下に住む彼らから見たこの映画はどんな風に映ったんだろうと思った。

■ パクソジュン

最初のほうのシーンで、特別出演で「梨泰院クラス」のパクソジュンが出演しているけど、ちょっとだけの出演なのに存在感がすごい。最後にも出演してくれると思ったけど、結局最初だけで残念でした。

ということで、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は、ラストが想像できない面白い映画でした。

-映画の感想
-