韓国映画『パラサイト 半地下の家族』感想とあらすじ「韓国の格差が露わに」

パラサイト映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要・キャスト

公開日:2020年1月10日
監督:ポンジュノ
製作国:韓国
キャスト:ソンガンホ・チェウシク・パクソダム・チャンヘジン・イソンギュン・チョヨジョン・チョンジソ・チョンヒョンジュン・イジョンウン・パクミョンフン・パクソジュン

あらすじ

キム一家は、内職などで何とか生活をしているが、薄汚れた半地下で貧しい暮らしをしている。

そんなある日、一家の長男のギウ(チェウシク)の友人であるミニョク(パクソジュン)が留学する間、高級住宅街に住むパク一家の長女のダヘ(チョンジソ)の家庭教師を託される。

ダへの家庭教師を始めて信頼を得たギウは、パク家の長男の絵の家庭教師として姉のギジョン(パクソダム)を紹介する。パク家で働き始めたギジョンは、運転手がクビになるよう陥れ、父のギテク(ソンガンホ)を運転手として雇うよう仕向ける。

そして、長年パク家の家政婦を務めたムングァン(イジョンウン)まで追い出し、母のチュンスク(チャンヘジン)も家政婦としてパク家で働き始める。一家全員で高級住宅街で働き始めたが、思いがけない展開が4人を待ち受ける。

感想・評価

アカデミー賞受賞+高評価な映画だったのでかなり期待して見ました。期待値が高過ぎたのがいけなかったのか、もう1度見たいと思うくらい面白いとは感じなかった。

確かに前半は、これからどうなるのかドキドキして見れて面白いのだけど、後半のシリアスな雰囲気には引き込まれなかった。

ラストでは死者多数で血塗れシーンも多くめちゃくちゃ、驚きというよりポカンとなった。

ストーリーは前半しか面白いと感じなかったけど、貧富街ややたらと大きい大豪邸など、壮大できめ細やかな映像が素晴らしかった。

また、いくら身だしなみを整えても身体に染み付いた住宅の臭いは消えないという、半地下の人間を臭いで表現したのは面白かったです。

それにしても、韓国の格差問題は日本より明らかに大きい。日本ではさすがに映画のような半地下に住む人間はいないと思う。日本では生活保護もあるので人間が生きていく上で最低限の生活はできる。やはり日本の制度は素晴らしいと実感。

最初のほうのシーンで、特別出演で「梨泰院クラス」のパクソジュンが出演しているけど、ちょっとだけの出演なのに存在感がすごい。最後にも出演してくれると思ったけど、結局最初だけで残念でした。

ということで、『パラサイト 半地下の家族』の評価は、4点(5点満点中)です。

タイトルとURLをコピーしました