韓国作品

韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』感想とあらすじ「面白い」

2020年5月4日

コーヒープリンス1号店

概要・キャスト

放送日:2007年7月2日〜8月28日
脚本:イジョンア・チャンヒョンジュ
キャスト:ユンウネ・コンユ・イソンギュン・チェジョンアン・キムジェウク・イオン・キムドンウク・キムチャンワン・パクウォンスク・ユンヨンア

あらすじ

御曹司のハンギョル(コンユ)は、祖母の命令でコーヒーショップをオープンすることになります。そのコーヒーショップの求人に女であるウンチャン(ユンウネ)は応募します。ウンチャンは男っぽい外見からハンギョルに男と思い込まれ、そのままお店で働くことに。

ハンギョルはウンチャンと男と思って疑いませんが、ハンギョルとウンチャンはお互いに惹かれあっていきます。ハンギョルは男を愛してしまったことに苦悩し、ウンチャンは今さら自分が女と言い出せないことに苦しみます。

感想

■ 王道のラブストーリー

御曹司×庶民女子の典型的な韓国恋愛ドラマ。王道のラブストーリーですが、ヒロインが男のふりをしているという点が、このドラマの面白いところ。

社長(コンユ)が、男だと思っているウンチャン(ユンウネ)にどんどん惹かれていって、男を好きになってしまったと苦悩して、最後には女だったってことが発覚して、という話の流れが面白かった。ウンチャンはとっととハンギョルに、自分が女であること正直に話してしまえば、丸く収まるのになあと思いながら見てた。

■ ヒロインに色気なし

男と間違わられる外見というだけあって、ウンチャンには全く色気がない。前髪を息でかき上げる仕草もなんか嫌だった。大声でギャーギャー騒いでうるさいし、社長との喧嘩を見るのはしんどかったな。

■ コンユかっこいいわ

このドラマのコンユは当時28歳。現在は落ち着いた役が多くてそれはそれでいいけど、この頃はやんちゃな感じがあってワイルドでかっこいい。もちろん身長高くてスタイルいい。

■ キムジェウクの日本語

キムジェウクの日本語が凄かった。日本語が上手いとかいうレベルじゃなくて、発音から抑揚まで何もかも完璧な日本語で、もはやネイティブだった。

■ 面白くなるまでが長い

面白くなるまでに少し時間がかかる。けど途中からめちゃくちゃハマる。

というわけで、韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』は、 です。

-韓国作品
-,