ドラマ『Mother』感想とあらすじ「とにかく泣ける号泣ストーリー」

Motherドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ『Mother』概要・キャスト

放送日:2010年4月14日〜6月23日
脚本:坂元裕二
主題歌:hinaco「泣き顔スマイル」
キャスト:松雪泰子・芦田愛菜・尾野真千子・綾野剛・山本耕史・酒井若菜・倉科カナ・高畑淳子・田中裕子
Huluで試聴する U-NEXTで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

ドラマ『Mother』のあらすじ

小学1年生の怜南(芦田愛菜)は、母親とその彼氏から虐待を受けています。代理担任となった奈緒(松雪泰子)は、薄々には怜南が虐待されていることに気付きますが、特に助けることはせず本当の担任教師に任せようとします。

ある日の寒い夜、奈緒は、怜南の家の前のゴミ捨て場に怜南がゴミ袋に入れられて捨てられているのを発見します。それをきっかけに奈緒は、怜南を虐待から助けるために怜南を誘拐して怜南の母親になることを決意します。そこから、奈緒と怜南の逃亡生活が始まるのです。

ドラマ『Mother』の感想と評価

小学校の代理の担任教師が、親に虐待されている教え子を助けるために、誘拐して逃げるという内容のドラマで、微笑ましいシーンはあってもワハハと笑えるシーンは一切なし

ドラマの中には色んな母親が出てくるのですが、本当の母親や血の繋がらない母親のそれぞれの母親の子供に対する愛情に毎回泣かされます。どの母親にもリアリティがあり、世の母親は共感できるのではないでしょうか。

また、母親ではない方でも、母親の愛情というものがどんなものなのかというのを感じることができると思います。このドラマを見た後は、つい自分の母親のことを考えてしまいました。

ドラマ『Mother』の見どころ↓

・とにかく泣ける
・芦田愛菜が可愛い
・さすがの田中裕子
・母の愛が熱い

とにかく泣ける

とにかく泣けます。母親の愛に毎回毎回感動。1話から最後まで泣けるドラマってなかなかない中、このドラマをイッキ見し終わった後は、目が真っ赤に腫れ上がっていました。

芦田愛菜が可愛い

天才子役と呼ばれた芦田愛菜は、ドラマ出演時まだ5歳。5歳であの泣きの演技は凄いのはもちろん、普通に存在がめちゃくちゃ可愛い。しかも役柄がかなり良い子なので、芦田愛菜が演じたの怜南ような子供が欲しくなりました。

さすがの田中裕子

このドラマの出演者は、実力派揃い。松雪泰子・高畑順子・田中裕子など日本を代表する役者たちです。ドラマの雰囲気をぶち壊すようなセリフ棒読み役者は出演していない点が良い。
特に、田中裕子の演技は破壊力が凄い。何度も田中裕子の演技に泣かされました。田中裕子の演技を見るだけでも、このドラマを見る価値あり。

母の愛が熱い

母親の愛というものを存分に感じられるドラマになっています。家族ドラマならぬ母娘ドラマです。母親の愛情とはこんなにも強いものなのだということを教えてくれます。

というわけで、ドラマ『Mother』の総合点は、5点(5点満点中)です!

Mother_ドラマ

ドラマ『Mother』はこんな人におすすめ

・感動できるドラマが見たい
・可愛い子供が主役のドラマが見たい
・演技派女優が集結したドラマが見たい
・思いっきり泣きたい

好きなドラマにランクインすることも多い作品で、1話から最終回まで感動しっぱなしで、毎回涙無くしては見れません。感動するドラマが見たい方にはぜひ見てほしい作品です。

Huluで試聴する U-NEXTで試聴する
※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました