韓国ドラマ『椿の花咲く頃』感想とあらすじ「歴史に残る面白さ」

椿の花咲く頃ドラマレビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『椿の花咲く頃』概要・キャスト

放送日:2019年9月18日〜11月21日(韓国)
脚本:イムサンチュン
主題歌:John Park「Foolish Love」
キャスト:コンヒョジン・カンハヌル・キムジソク・キムガンフン・オジョンセ・ヨムヘラン・ソンダムビ・コドゥシム・イジョンウン・チョンペス

Netflixで試聴する

※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

『椿の花咲く頃』のあらすじ


正義感が強く真っ直ぐな警察官のヨンシク(カンハヌル)は、ある日、図書館でスナックのオーナー・ドンベク(コンヒョジン)に一目惚れします。

ヨンシクはドンベクに猛アタックしますが、フラれてしまいます。それでも諦めないヨンシクは何度も何度もドンベクに告白します。そして、ドンベクは徐々に純粋なヨンシクに心を開くのですが、ドンベクは、5年前に近所で起きた殺人事件の犯人の目撃者だったのです。

再び動き出した殺人犯に狙われるドンベクをヨンシクは守ろうと決めます。

『椿の花咲く頃』の感想と評価

見終わった後に、「あ〜、いいドラマだったなあ」と余韻が凄かった。

舞台は、ソウル郊外の田舎町。ごくごく普通の男女の恋愛模様が描かれています。恋愛に加えて、サスペンス要素と親子愛がバランスよく混じり合った控えめに言っても韓国ドラマ史上に残るであろう最高のドラマです。

このドラマの見どころは下記です。

・ヨンシク
・脚本
・親子愛
・キャスト

ヨンシク

まずは、このドラマの主人公のヨンシク。彼のキャラクターがかなり魅力的。

韓国ドラマのヒーローって、大体クールでカッコつけが多いのですが、ヨンシクは真逆。全くカッコつけない。私服はいつもダルダルのTシャツに安そうなズボン。

子供のような純粋な心を持った少しアホっぽい行動や言動。何事にも真っ直ぐで嘘のない性格で恋愛も猪突猛進。何度フラれてもアタックし続ける純粋さ。なのに、いざと言うときは、ヒーローのようにかっこよく登場して助けてくれる。

そして何より一途で愛や想いを全力でぶつけてくる。こんな彼氏が理想だなって思う女子絶対に多いと思います。

脚本

本当に先が読めないストーリーで、ラストまで飽きることなく見れます。第1話から伏線が至るシーンに散りばめられていて、最終的に全部回収してくれます。お見事です。

恋愛とサスペンスと笑いと人間愛がバランスよく描かれていて、何もかもがギュッと詰まった心温まる物語です。

親子愛

母と子の愛も描かれており、これには感動します。子を想う母の気持ちが丁寧に表現されていて、涙を誘います。ただ、子供の恋愛に親が口出しし過ぎ感は否めなかったけど、そこは家族愛の強い韓国ならではなのでしょうか。

キャスト

このドラマはキャストも最高です。カンハヌルの演技力は圧倒的だったし、ピルグを演じた子役の演技も凄い。韓国語が分からない立場から見ても、演技が上手いのが分かりました。
他にも、脇役には、「サイコだけど大丈夫」で自閉症を演じたオジョンセや「パラサイト」の家政婦のイジョンウンなど、実力者役者たちが集結しています。

ものすごく心が温まるドラマなので、1回見たらもう1回見たくなります。というわけで、『椿の花咲く頃』の総合点は、5点(5点満点中)です!

椿の花咲く頃

『椿の花咲く頃』はこんな人におすすめ

・面白い韓国ドラマが見たい
・泣けて笑える韓国ドラマが見たい
・心温まるヒューマンドラマが好き

本当におすすめできる韓国ドラマです。見るか迷っている方はぜひ見てください。

Netflixで試聴する

※ 配信情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました