ドラマレビュー

韓国ドラマ『サイコだけど大丈夫』感想とあらすじ「面白い!癖になる!」

2021年1月10日

サイコだけど大丈夫

概要・キャスト

放送日:2020年6月20日〜8月9日(韓国)
監督:パクシヌ
脚本:チョヨン
主題歌:Heize「You're cold」
キャスト:キムスヒョン・ソイェジ・オジョンセ・キムジュホン・カンギドゥン・パクギュヨン・キムミギョン・キムチャンワン・チャンヨンナム

あらすじ

精神病院の保護士として働くガンテ(キムスヒョン)は、自閉症の兄のサンテ(オジョンセ)と2人で暮らし。ある事情で、2人は1年に1度引越しをしていて、その度にガンテは転職しています。

ある日、ガンテが勤める精神病院に人気絵本作家のムニョン(ソイェジ)が絵本の読み聞かせにやってきます。そこでガンテとムニョンは運命の出会いをします。

ムニョンは一目でガンテを気に入り、どうにかしてガンテを手に入れようとします。そして、サンテを連れて別の場所へ引越し仕事を始めたガンテを追いかけ、同じ町で暮らし始めるのです。

感想

■ みるみるハマった

キャラが濃かったこともあり、ファンタジックな感じでなかなか話が頭に入ってこなかったのだけど、2話以降からみるみるうちにハマっていきました。

ストーリーも丁寧に作り込まれていて、「愛の不時着」を超えるかもってくらいに面白かった。見終わった後に「もう1回見たい!」と思った癖になるドラマでした。

■ 財閥なし!愛憎劇なし!海外なし!

男女の恋愛ドラマなのだけど、2人だけの恋愛ストーリーというより、恋愛や家族愛や友情など、全ての愛の物語のような感じ。韓国ドラマあるあるの財閥が出てくるわけでもなし、海外留学も急な入院もなし、ドロドロの愛憎劇もなかったからか、とても新鮮でした。

■ サンテオッパが愛おしい

このドラマのメインはキムスヒョンとソイェジですが、絶対に欠かせないのがオジョンセ。オジョンセなくしては、このドラマは語れません。

身体は大人だけど子供のような心を持っているオジョンセ演じるサンテオッパは見ていると癒される。彼の純粋さには何度も感動しました。感動して泣いたシーンはだいたいオジョンセ絡み。オジョンセが見たいためにもう1回ドラマを見たいというのもある。

■ キムスヒョンとソイェジ

キムスヒョンはやはり演技が良い。好きな顔ではないけれども、見ているうちに可愛く思えてくる不思議。ガンテの行動にはたまにイラっとしたけど。

そして、ソイェジが演じたムニョンが初めて登場したシーン、確かレストランで食事するシーンだったと思うけど、あまりの美しさに見惚れる。まるで人形。こんな人間いるんだって思いながら見ていた。2話くらいから美しさにも慣れてきたけど、1話はどうしても美し過ぎて馴染めなかった。あと、ソイェジのウエスト細過ぎてやばい。

■ 脇役キャラもいい

脇役たちもいい味出してて、特にナムジュリ(パクギュヨン)のキャラが好き。酔っ払って暴言吐くところ。最初は猫かぶってるとこが嫌だったけど、なかなかいい奴だった。なんだかんだで、ムニョン(ソイェジ)の母親以外は良い人ばかりだった。

ラスト、キャンピングカーで旅に出たのは最高に楽しそうで見ているこっちまで幸せになりました。

1点だけ、ソイェジの母親はどうやって生き返ったのだろう。ここだけ不思議。まあ、面白かったからいいか。

というわけで、韓国ドラマ『サイコだけど大丈夫』は、韓国のドラマはやはりレベルが高いなと思ったドラマでした。

-ドラマレビュー
-, ,