韓国映画『チェイサー』感想とあらすじ「実話を元にした傑作映画」

チェイサー映画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『チェイサー』概要・キャスト

公開日:2009年5月1日
監督/脚本:ナホンジン
キャスト:キムユンソク・ハジョンウ・ソヨンヒ

『チェイサー』は、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用して全話視聴可能です。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『チェイサー』のあらすじ

映画 チェイサー 予告編

元刑事が経営するデリヘルの女の子たちが失踪するという事件が連続して起きます。元刑事のオーナーが犯人探しを始めると、ある電話番号に辿り着きます。そして、その電話番号を手掛かりにオーナーは犯人を追うのですが…。

『チェイサー』の感想と評価

2004に実際に韓国で起きた連続殺人事件をモチーフにした映画。見終わった後に、もう一度見たいと思うくらい最初から最後まで凄く面白かった。

主人公と犯人との対面が結構早くて、意外にも早めに警察に捕まってそこからどうなっていくのかハラハラ。あっという間の2時間で気づいたら終わっていました。

主人公が探していたデリヘル嬢が最後に駆け込んだ先が、あのお店じゃなければ助かったのにと、なんとも悔しい気持ちで終わりましたが、最後は隠れ家が見つかってよかった。主人公が隠れ家を見つけられずにサイコパスが野放しなんていうラストだったら最悪だったな。

グロイ描写は多いけど、最初と最後だけだったので目を背けるほどではなかった。とは言っても、血の匂いがこっちまでしてきそうな血塗れシーンや金槌で人間殴るシーンがあるのでグロいのが苦手な方は見るのを避けた方がいいです。

犯人のサイコパスな演技が凄い。人を痛みつける時の表情と、人と話す時のオドオドした雰囲気が対照的で怖かった。韓国の俳優ってガタイいいから迫力あるし。

胸糞悪いけど、しっかりしたストーリーと演出、キャストの演技など、全てが最高の映画でした。

というわけで、『チェイサー』の総合点は、5点(5点満点中)です!

チェイサー

『チェイサー』はこんな人におすすめ

・実話を元にした映画が好き
・胸糞悪い映画が見たい
・サイコパスに興味がある

もう一度見たくなるオススメの韓国映画です。

『チェイサー』は、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用して全話視聴可能です。
>>>U-NEXTで視聴する
※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました